こちらは旧サイトです。新サイトは http://ozpa-h4.com/ です!RSS登録の変更をお願いいたします!!

「企画」タグがついた投稿

Evernoteを考える第7回 〜まとめ〜

このブログを立ち上げた当初の大きな目的の一つ、「自分のEvernoteのノートブックとタグを晒す」をようやく叶えることができました。

一応、今エントリーをもちまして「Evernoteを考える」と題してお送りしてきました連載を一旦終えようと思います。

 

Evernoteを考える第5回 〜ノートブックを晒してみる〜 « OZPAの表4

この形に至るまで、ノートブックの数や種類分けはコロコロ変わりました。そして、一週間後に自分のEvernoteがどうなっているかも想像はつきません。

だが、それでいい。

「良いな」「良さそうだな」「きっと便利だな」と感じたら、とりあえずやってみるのが自分のEvernote術。

元の形に戻すことはいくらでもできますし、せっかくの自由度の高さと柔軟性に富むツールを、自分の思いこみの小さい枠で縛るのはもったいないことです。

ノートブックを晒した記事。


 

Evernoteを考える第6回 〜タグを晒してみる〜 « OZPAの表4

極論、「Evernoteに入っている情報は見返すことなど120%ありえないよ」と言うのであれば、ノートブックもタグも必要ありません。
しかし、Evernoteは情報の有効活用を図るためのツールだと私は捉えています。 

ノートブックとタグで、いかに必要な情報を取り出す精度を上げていくか。これが重要なのではないでしょうか?

タグを晒した記事。


《自由≠便利》

何度かこの連載でも書いておりますがEvernoteの自由度の高さはそのまま敷居の高さともなってしまいがちで、「何をやってもいいけど何をしていいのかわからない」と思っている方は非常に多いように感じます。(まぁ僕のリアル身の回りに限った話かもしれませんが。)
真っ白で大きな大きな画用紙と、色とりどりのペンを渡されたところで「描くテーマ」が決まっていなければそれらは残念ながら持て余してしまいます。
Evernoteという画用紙には買い物メモを書こうが、日記を記そうが、絵を描こうが写真を貼ろうが夢を刻んでおこうが一向に構わないのですが、具体的な使い方はなかなか思いつかないもの。未だにアカウントだけとってEvernote使っていないという方はそういう悩みを抱えている人が多いのではないでしょうか?

《マネするところから始めよう》

自分自身そのような状態が続いてEvernoteを全く使わないでいたわけなんですが、そんな状態を脱却し、「Evernote面白い!」となったきっかけは@goryugoさん@rashita2さんの記事を拝見し、マネしてみたところからでした。今思えば、「Evernoteってどう使うん?」という質問を受けることが多くなっていったのもその頃からかもしれません。

あいにく私は人様に物を教えるほど何も修めてはおりません故、「ここここのブログ読め」と突き放していましたが(語弊があるな)、ふつふつと自分のEvernoteも晒してみて考察をしたい、という欲が出て来ました。自分がそうであったように、他の人のノートブックを覗いてマネをすることでEverenoteをより便利に使うことが出来るのではないかという思いと、一度自分のEvernoteを整理、考察する意味でそういう文章を書いてみたいと考えたわけです。

《これからのOZPAのEvernoteと、「だが、それでいい」精神》

で。

自分でまとめておいてなんですが、私のEvernoteは全くもって完成したものではありません。と言うか死ぬまで完成はしないのでしょう。

いつ心境が変わってノートブックの並びをごっそり変えないとも分かりませんし、タグを一気に全消去するかもしれませんし、なんとなく拒絶しているRSS全文自動登録をいきなりはじめないとも限りません。
常にEvernoteは(公式クライアントも、付随するサービスも)進化を続けていますから、一ヶ月後に自分のノートを見たときに「なんて非効率なやり方なんだ・・・」と唖然としている可能性もあるでしょう。
実際、Evernote連携のiPhoneアプリは雨後の筍のごとく乱立していますし、FastEver Snapのような神アップデートによって急に一軍アプリに躍り出るようなものがいつ出てくるかもわかりません。

じゃぁEvernoteに対して常に目を光らせ、かっちりとスタイルを定めてそれを遵守しなければいけないのか・・・?それは疲れちゃいますね。だいたいあたいめんどくさがりだし。
そこで、何度か言ってきたこの言葉が私とEvernoteの距離をちょうど良いものにしてくれました。

それが「だが、それでいい」という精神。
Evernoteは整理・作成の方法を初めから決めつけてかからない方が良い。あとからいくらでも修正が利きますから。

このノートブックは必要じゃなかったな
タグの名前の付け方はああすればよかったな

Evernoteあるあるなこんな悩みも、「便利そうだったらとりあえずやってみて」「不便を感じたらスタイルを変えてみる」という精神でなんてことないものになります。

現に、タグ付けすらめんどくさい!と言う方もいらっしゃいますし、ノートブックなど2冊で十分!と言う方もいるでしょう。だが、それでいい。Evernoteは十人十色。マネっこで始めて自分なりのスタイルを作ればいい。
私は後々の検索精度を上げるために連載で晒したような形をとっていますが、情報を統合するツールだからこそ使っている本人が苦にならないというのがベストなのではないでしょうか。

《ありがたかったWebでの反応・まとめ》

そんなわけで連載してきましたこの「Evernoteを考える」

前回までに六回のエントリーを重ね、稚拙な文章・まとめにも関わらず、「真似してみよう」というありがたすぎて体中の穴という穴から液体が飛び出しそうなTwitterでのつぶやきや、「こんなにタグがあったら管理が大変そう・・・」というハッとさせられるはてブまでたくさんの反応を頂きました。改めてEvernoteに対する関心度の高さを知る結果にもなりました。
また、@goryugoさんには毎回のようにまとめ記事で取り上げてくださいまして恐縮しきりです。本当にありがとうございます。

今回このような連載を通じ「もっといろんな人のEvernote覗きたい!」という欲望がわき起こりました。使いやすそうなTipsがあればどんどん吸収していきたい所存です。だってEvernoteは自由なんだもの!

これから自身のEvernoteがどのような進化をするのか(退化の可能性有り)非常に楽しみですとしめくくり、(今後もEvernote記事は書きますが)今回の連載のまとめとしたいと思います。見ていただいた方大変にありがとうございました。

P.S.名古屋オフ行きたかったぜチキショウ。

この記事をはてなブックマークに追加する! Evernoteを考える第7回 〜まとめ〜 « OZPAの表4 このエントリーをはてなブックマークに追加

Evernoteを考える第6回 〜タグを晒してみる〜

今回のエントリーでは、前回のノートブックに引き続きタグを晒して行きたいと思います。

さて、タグを付ける際に私が気をつけているポイントは2つ。
1,思いつく限りタグはつけまくる
2,タグはなるべく英語で
以上2点。

1.思いつく限りタグはつけまくる

気をつけている、と言うほどの事では無いのですがとにかくタグはつけられるだけ付けちゃいます。

●型にはめたくない
ズボラのくせに凝り性な自分。いざ何かの整理をするとなると初めはきっちり決めごとを作るくせに、時間の経過と共にだんだんと面倒くさくなりシステム自体が破綻すると言うような事が多々あります。全ての情報を網羅したいと考えているEvernoteでそれは避けたい。なのでタグを付ける際はテキトー&思いつくまま。
要は「この種類のノートはこういったタグを付けよう」などと一度決めてしまうと後々ドツボにはまってしまう可能性が非常に高いと踏んだわけです。

●ザルの編み目は細かい方が良い
私のEvernoteのノート数は現在1500強。これからもどんどんと増えていく事でしょう。

ノートの増加に伴い、本文検索のみではいくらEvernoteの検索機能が優秀だからとは言え目的のノートを探し当てるのは難しくなってきます。ノートブックとタグを上手く活用しなければなりません。
検索時にタグは複数選択できますので、タグを各ノートに出来るだけ付けておけばそれだけ網に引っかかりやすくなるでしょう。無論同じような内容のノートが重複して検索結果に上がる事はあるでしょうが、数は絞れるだけ絞っておいて、いざとなればその重複したノートの中で本文検索等をかければ良いだけの事です。

2.タグはなるべく英語で

特によく使うタグに関しては英語を使用するようにしています。サジェスト機能が便利だから。

サジェスト機能とは、上のようにタグの一部を入力すると入力候補が出現する機能のこと。要は携帯の予測変換みたいなものです。

このサジェスト機能ですが、日本語では変換確定後にしか働きません。
例えば、「apple」というタグをつけているなら「a」と打ち込んだ時点でサジェスト機能が働き、(「apple」タグが候補の一番上ならば)returnキーを押せば確定されますが、「林檎」と言うタグ名を付けていた場合「りんご」と打ち変換、「林檎」と確定してようやくサジェスト機能が働きます。

上記は極端な例ですが、「なんでもかんでもタグつけちゃえ」と思っている自分にとって、入力の手間は少しでも少ない方が効率的。
よく使うけど英語だと閲覧性が悪い!と言うタグに関しては先頭に英字を付けることで解決しています。(後述)

前置きが長くなりましたが、タグを晒してみようと思います。
まずは「親タグ」

そして「子タグ」

そうですね、うん。
多いよね。(´・ω・`)

というか自分ですら「あーこんなタグあったのか・・・」と気づかされる始末。でも、それでいいんです。たまに見返せばいいんです。多分。

さて、子タグは説明すると一昼夜かかってしまうので(する気もない)よく使う親タグについて簡単に説明していきます。

.人

その名の通り、人の名前を付けたタグ。

100_プライベート
199_BRAIN
300_デザイン
500

名前そのまんまです。「100_プライベート」はプライベートに関するタグ、「300_デザイン」はデザイン関係のタグと言った感じ。
管理しやすいように、ノートブックとタグの頭番号は統一しています。

[checklist]

これもその名の通り。主にEgretlistに対応させるために付けているタグ。

Egretlist 1.6.2App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1.2 以降が必要
カテゴリ: 仕事効率化 価格: ¥350
更新: 2010/08/30

[handwriting]

手書きのメモを写真に撮りEvernoteに送ったノートはこのタグを付けて管理。

[memo]
[password]
[reference]
[study]

ここも名前のまんまですね。メモ、各種ID・パスワード、資料、勉強用のノートに付けるタグ。

[to_calender]

スケジュール管理は全てgoogleカレンダーに放り込んでいるのですが、メールなどで飛んできたスケジュールは一旦Evernoteに預けてからノートを見返しつつgoogleカレンダーへ移してます(漏れを防ぐため)
googleに同期したスケジュールのノートにはこのタグを付けてアーカイブノートブックへ。

[todo]

Toodledoでは管理しきれないタスクが発生した場合(サブタスクがあるものなど)このタグを付けて「次にやること」「プロジェクト」ノートブックへ移動。

[uc]

Ubiquitous Capture(ユビキタスキャプチャー)の略。

Twitterにはつぶやけないその時の感情、思ったこと、写真をFasteverやFastever SnapでEvernoteに送る際に付けるタグ。

[名刺]

そのまんま。名刺につけるタグ。ノートブックに「名刺」があるからこのタグ本当は要らないんだけど、まだ名刺の整理をしていないので・・・

[執筆中]

今執筆しているものに付けるタグ。

done

もう閲覧しないタスクのノートやメモのノートに付けるタグ。
基本、このタグを付けたらアーカイブノートブックへ放り込みます。

miss

なにか仕事やプライベートでミスをしてしまったら、新規ノートを作り
・失敗した事例
・何故失敗したか
・防止策

を書き、このタグを付けて保存します。たまに見返してその失敗を二度と繰り返さないように。
まぁ、繰り返すんですけど(´・ω・`)

place

場所に付けるタグ。

先述のサジェスト機能を働かせるため、ように、先頭に「p」をつけて一覧になるようにしてあります。

want

ほしいもの、したいこと、たべたいもの・・・etc…

Z_日付

他人様のEvernote術をパクってばかりの自分が唯一自ら考えたタグ。

「2009年の12月の事が知りたい!」と思ったら「z0912」を検索すれば良し。
最初のころはLifelogノートを月毎にマージしていたのですが、閲覧性が悪くなるのでやめました。
そこで編み出したのがこのタグ。

毎日twtr2srcから送られてくるTwitterログに日記を追記、このタグを付けてLifelogノートへ。

一番下は自分の先輩の結婚式にて二次会幹事をやった際に作成したノートをまとめるときに作ったタグ。「z_○○さん結婚式」のように特定の日付にも対応出来るので「ノートブックを作るほどではないがまとめておきたい事項」が出現した際に便利。

★タグ

いわゆる「レート」タグ。
食べたラーメンを勝手に評価し、つけています。
というか、ラーメンにしか付けていません。ラーメン食べ歩きが趣味なのです。止めないでください。

〈まとめ〉
と言うわけで今回はタグを晒してみました。

タグとノートブックの使い分けに関してですが、大切なのは決められたルールを遵守することではありません。

何のためにタグを付け、ノートブックを分けるのか?
それは「目的のノートにたどり着くための効率化を図る」ため。

あまりにもカチカチな「自分ルール」を作ってしまうとそれに縛られ身動きがとれなくなります。それゆえ、タグの整理は良い意味で適当に。

タグ一覧がゴチャゴチャするのを防ぐために親子の関係を作り階層化は図っていますが、そこまで厳密には整理してません。あれ?この子タグは「デザイン」のくくりでいいの?みたいなこともしばしば。適当です。
流石に冬物のタンスに海水パンツを入れるようなマネはしておりませんが、「半袖のTシャツはインナーにも使えるから冬物タンスに入れといてもいいか・・・」みたいなアバウトさで管理してます。何言ってんだろう。

極論、「Evernoteに入っている情報は見返すことなど120%ありえないよ」と言うのであれば、ノートブックもタグも必要ありません。
しかし、Evernoteは情報の有効活用を図るためのツールだと私は捉えています。

ノートブックとタグで、いかに必要な情報を取り出す精度を上げていくか。これが重要なのではないでしょうか?

今回晒したタグ一覧が、何かの参考になればうれしいですなぁ。

 

Evernoteを考える第5回 〜ノートブックを晒してみる〜 « OZPAの表4

今回の更新では自分のノートブックを晒しあげてみたいと思います。
色んなEvernote使いの方のTipsをミクスチャーし練り上げたものなのでオリジナル性はほぼ皆無ですが(^^;
まぁ、ノートブックの整理で困っている方にとって少しでも参考になればこれ幸いです。

前回の記事。



この記事をはてなブックマークに追加する Evernoteを考える第6回 〜タグを晒してみる〜 « OZPAの表4 このエントリーをはてなブックマークに追加

【企画】iPhoneのお薦めアプリひとつ教えてください にのらせていただく 〜InstagramするならHipstamaticいかがでしょう〜

以前こんなエントリーをしました。

 

【企画?】「iPhone のホーム画面を見せてください」 にのらせていただく « OZPAの表4

@ika621さんが【企画?】iPhone のホーム画面を見せてくださいという企画をやっていらしたのを発見。

つい二週間ぐらい前にホーム画面まとめ記事を三回にわけてやったのにタイミング悪い悔しい!

という訳で三回にわけた記事をひとまとめにして企画に参加させていただく事にした。


まぁ他人様の企画に思いっきり乗っかってみたのですが、その@ika621さんが今回企画第2弾という事でこんな記事をアップされていました。

 

Punksteady

さて、今回の企画は「ホーム画面」から「アプリ」へとフォーカスします。
数え切れない程のアプリがある中、「そのアプリ」を使っているわけです。
「そのアプリ」を使うには何か理由があるわけです。
iPhone購入時から使っていて思い入れがあるとか、このアプリしかない機能とかがあるからなど
様々だと思います。
今回の企画は「あなたのiPhoneのお薦めアプリひとつ教えてください」です。


これは非常に興味深い企画です。
どんな方がどんなアプリをオススメするのか・・・?

で、まぁ自分もまた乗っからせて頂こう、と。

ではなんのアプリを自分が選ぶかというところですが、悩んだ挙げ句このアプリにしました。

Hipstamatic 180App
iPhone および iPod touch (4th generation) 互換 iOS 3.1 以降が必要
カテゴリ: 写真 価格: ¥230
更新: 2010/11/04

正方形サイズの写真が撮れるトイカメラアプリ「Hipstamatic」です。

公式サイト→Hipstamatic iPhone App – Digital Photography Never Looked So Analog

 

トイカメラアプリ「Hipstamatic」にフィルム・レンズが追加! « OZPAの表4

画角が正方形のトイカメラアプリのHipstamatic。
アプリ内課金でレンズ・フィルム・フラッシュを増やすことができるのですが、本日のアップデートで新たなセット「Mission Hipstapak」が追加されました。

以前書いた記事


トイカメラアプリというと「写真のセンスをカメラに任せるとは・・・。」なんて方もいらっしゃるかもしれませんが、私のような素人でもそれっぽい写真が撮れる楽しみを味わえるのは大変に魅力的。構図?なにそれ美味しいの?

<特徴>

・フィルタの豊富さ
レンズ8種類×フィルム10種類×フラッシュ6種類を組み合わせる事で、8×10×6=480(フラッシュ使用時)+8×10=80(フラッシュ未使用時)でなんと560種類ものフィルタをかける事が可能!
ただし、各フィルタはアドオン(¥115)ですので全てのレンズ等を揃えるにはアプリ代¥230+¥115×6=¥920かかります。結構イイ値段しますね。
一つずつ買うも良し、まとめて買うも良し、もちろん買わなくても良し。

・優れたUI
まるで本物のトイカメラをいじっているかのようなUIは、なんだか良い写真が撮れそうな気がしてきます。

カメラケースもご覧の3種類が。遊び心満載ですね。
(白、サルバドール・ダリモデルは追加アドオン)

・Facebook,Flickr,Tumblr連係

上はアプリ内にあるカメラロール。左下のボタンをタップするとメニューが現れ、各種サービスにアップロードする事が出来ます。
撮った写真は自動で標準のカメラロールにも同時保存してくれます。ジオタグなどのメタデータも保存されます。

・フィルタのランダムチョイス
これがかなりオススメの機能で、撮影画面でiPhoneをシェイクするとレンズ・フィルム・フラッシュをランダムでチョイスしてくれます。
どんなフィルタをかけようか迷ったときはiPhoneをササッと振っちゃいましょう。しなやかに。艶やかに。
思いもかけない写真が撮れたりして面白いです。

どのレンズ等を使用したかはアプリ内カメラロールから後で確認できますので、お気に入りのフィルタの組み合わせが出来たら・・・覚えておきましょう。(メモリ機能は残念ながらありません。)

サンプルに、フィルタのランダム機能を使用しつつ同じ素材で写真を撮ってみました。


lens:Lucifer Ⅵ
film:Float
flash:Dreampop



lens:Roboto Glitter
film:Ina’s 1935
flash:Berrypop



lens:Kaimal Mark Ⅱ
film:Alfred Infrared
flash:Cadet Blue Gel



lens:Salvador 84
film:DreamCanvas
flash:Off



lens:Lucifer Ⅵ
film:BlacKeys SuperGrain
flash:Standard



lens:Bettie XL
film:Ina’s 1935
flash:Off

紹介したフィルタはごくごく一部です。レンズとフィルムの組み合わせで全く異なった色合いになるので楽しいですね。

さて、今回このHipstamaticを紹介したのにはもうひとつ理由があります。

それは、今流行りの「Instagram」と相性が良い、ということ。

Instagram 1.0.3(iOS 4.0 テスト済み)App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1.2 以降が必要
カテゴリ: 写真 価格: 無料
更新: 2010/10/29

Instagramは写真投稿型のiPhone専用SNS。撮った写真を専用アプリで加工・アップロードし、フォローしたりコメント付けたり・・・
Twitterのようなお手軽さと、アプリ内にあるフィルターがかなり使える!というので今ノリにノっているサービスです。

 

正方形の写真で繋がろう! “Instagram!”はiPhoneだけで繋がる写真SNSだ! [iPhone] [Photo] | No Second Life

Flickrは確かに便利なのだが、ちょっと敷居が高いと感じることも事実で、もっと気軽に写真で遊べるコミュニティはないかと思っていたところに、まさにピッタリのサービスが登場した。その名は”Instagram”。
Instagramを利用するにはiPhoneが必要だ。Macからもサービスにはログインできるが、Macからだとパスワードの変更くらいしかできることがない。あくまでもiPhoneユーザーのためのサービスなのだ。

@ttachiさんの記事。とても丁寧な説明です。金網越しの写真がステキ。


“Instagram人気”により街中でいきなりiPhoneで写真を撮りだす人が急増中 | ryo’s web and life log

ユーザーはiPhone専用アプリで写真を撮影し、アップロードする。その写真は、自分がフォローされているユーザーのFeed画面に表示される。他人の写真にはLike!を付けられたり、簡単なコメントを残すことが可能だ。また、Flickr、Twitter、そしてFacebookと連携することが可能である。TwitterのフォロワーやFacebookのフレンドに自分の写真を見てもらうことが出来るというわけだ。

@ryo_dgさんの記事。 オシャレな写真はさすが。センス売ってください。

で、このInstagram、アップする写真は画角がHipstamaticと同じ正方形。
そうです、HipstamaticはInstagramにうってつけのトイカメラアプリだったのです。

私もHipstamaticで撮った写真をバシバシInstagramにアップして・・・ません。実はまだInstagramほとんど触ってないんですよね(^^;
なにやらずいぶん盛り上がっているようなので、自分もこれからやってみようと思っております。

そんなわけで私のオススメアプリは「Hipstamatic」でございました。
Instagramユーザもそうでない方も、写真好きにはたまらないアプリではないでしょうか?

最後になりますが、面白い企画に参加させて頂きました。@ika621さんありがとうございました(^_^)

Evernoteを考える第5回 〜ノートブックを晒してみる〜

今回の更新では自分のノートブックを晒しあげてみたいと思います。
色んなEvernote使いの方のTipsをミクスチャーし練り上げたものなのでオリジナル性はほぼ皆無ですが(^^;
まぁ、ノートブックの整理で困っている方にとって少しでも参考になればこれ幸いです。


先頭に番号を降っているのは並びを思い通りにするため。
「001.———-」のようなノートブックは、視認性をあげるための区切りです。

趣味の取説: ノート、タグリストを晒してみる:5月レビュー

・___________、○inbox
inboxは名前のまんまです。evernoteに自動化しているものは必ずこの関所を通ります。
_________はセパレータ兼整理するときちょっと選けときたいノートの置き場所になってます。見やすいし機能的にも地味に便利です。ちなみにJIS文字コード順でアンダーバーは右大括弧の次の次です。awesome noteを使っている人は私みたいに使うかは別として、知っといて損はないと思います。

JISコード表を用いたTipsは必見です。


ではここから少しずつ区切ってご説明をば。

ダブルインボックスの設置

000 Inbox→デフォルトのノートブック。メール経由のノートやFastEver、FE Snapなど自分発信で飛ばすノートは全てここに
000 WEB Inbox→Googleリーダーなどで閲覧したWEBクリップを放り込むノートブック

R-style » Evernote企画4th:第三回:現在のノートブックと運用法(下)

かなり多くの情報をEvernoteに投げ入れています。そのとき問題になってくるのが「整理」です。情報と整理の関係は、いつでも私たちの前に立ちはだかります。
そこで考えついたのが、入ってくる情報によってinboxを分けると言うやり方。
Evernoteに入ってくる情報を、「タスク」などの短期で処理しなければならないものと、「クリップ」などの早期に処理することは求められていないもの、にわけそれぞれにinboxを割り当てるという方法です。

やはりラシタさんのEvernote記事は考察がすごい。


デフォルトのノートブック(000 Inbox)とは別に、WEBクリップ用のインボックス(000 WEB Inbox)を設置。
ノート作成時は必ずどちらかのInboxに放り込み、ノートブックを指定することはしないようにしています。これはもう一度自分自身の手でノートを整理し、情報を咀嚼するため。

はじめに上のラシタさんのダブルインボックスシステムに関する記事を読んだときは、自分には必要ないかなーなどと思っていたのですが…

 

ラシタ先生に教えてもらったEvernote「ダブル・インボックスシステム」が快適すぎる件 | goryugo, addicted to Evernote

以前 @rashita2さんにお会いしたときに教えていただいたEvernote「ダブル・インボックスシステム」。半月ほど実際試してみて、これが非常に快適だったのでご紹介いたします。

@goryugoさんの記事。


 

“簡単に”Evernoteでダブル・インボックスシステムをやってみる | ryo’s web and life log

R-Styleの@rashitaさんが以前ブログで書かれていた、Evernoteの「ダブル・インボックスシステム」。Webのクリップと自分の記憶のクリップをそれぞれ別のImboxに入れて、情報が埋もれないようにするものです。

@ryo_dgさんの記事。


ブログを拝見している様々な方がやられているのをみて、自分も真似をしてみらした。
結果は超快適。

私は毎日Evernoteを整理しているのですが、Inboxはその都度空にすると言うのが基本方針。でないと次の日に放り込んだノートと混ざってしまいます。Inboxに入ってくるノートはタスクや重要なメールもあるのでそれは避けたい。
ところが、時間がとれずにWEBクリップの整理が追いつかず、Inboxにノートが残って気持ちが悪い!と言うような事態に陥ることが何度もありました。

WEBクリップは性質上一日や二日溜まっていても特に困る事はありません。最悪「WEB Inbox」は時間がなければ放置でOK。デフォルトの「Inbox」を整理する事を優先的にすればいい。

このダブルインボックスシステムによってタスク管理、メール管理の精度が上がっただけではなく「Inboxにノートが溜まりすぎてるからこのクリップは別にEvernoteに送らなくてもいいや・・・整理がめんどいし。」という後ろ向きな発想がなくなり、より多くの情報を捌けるようになりました。

000 すぐに見たい その名の通り、すぐに見たいノートはここへ。重要なメール、どこかへ出かける際のMapなど、直近で使用したいメモをおいてあります。付箋みたいなノートブック。

001 次にやること〜099 保留

ToodledoでGTDを行っておりますが、資料がすぐに見たいタスクや、サブタスクが多いものに関してはEvernoteに放り込んでます。「090いつかしたいこと」はその名の通り、いつかやりたいことをこれでもかと詰め込んだノートブック。

この「タスク管理・GTD」については、どう行っていくかをずーーーっと思案してます。いつか全てをEvernoteに預けたいとも思っていますが、簡易なTodoはやはり専用ツールのToodoledoに軍配が上がる為、とりあえずはこの形で。

100 ☆Lifelog☆〜199 BRAIN

100番代に関してはプライベートに関するノート。頭の番号が飛び飛びなのは、ノートブックの増減を繰り返していた頃のなごりです。

☆Lifelog☆ Twitter、書いたブログ、写真、思いついた事などなど。後で読み返してニンマリしたい。

備忘録 ID、Passwordや取扱説明書のpdf、住所など。必要なときに見返すもの。

名刺 名刺をスキャンして保存しているノートブック。ノート数からもお分かりのようにめんどくさくてまだ整理できてませんw

ラーメン 行きたいラーメン屋、食べたラーメンのメモ。ラーメンがこの世から消えたら生きていけない。

チェックリスト カラオケの持ちネタリストだったり、常備品の型番だったり。備忘録とまとめちゃっていいような気がしてきた。

Apple Mac、iPhone、iPadなどに関するノートは全てここ。

H4ネタ帳 当ブログのネタ帳。

H4下書き 同じく当ブログの下書き。最近はDropbox→Textforceの運用なのであまり使っていない。

ネタ 飲み会で使えそうなネタなど・・・。一番見られたくないノートブック。

BRAIN 上記のどこにも属さないようなノートブック。猫の写真の後にEvernoteのTipsがあったり、そうかと思えば水着の女の子の写真がでてきたり・・・。要は、グチャグチャな自分の「脳味噌」。
BRAINと言う名前は気に入ってます。

300 Design

まぁ、一応グラフィックデザイナーなので、使えそうな素材やアイデア、美しいなと思った広告などを放り込んであります。

500番代

会社の業務記録など。思いっきり会社名なのでモザイク処理。

999 Archives

やり終えたタスク、見終わったメモ、もう見ないであろうWebクリップなど。「もう絶対に見返さないだろうな」と思ってもノートは基本消去しません。とっておくと後でイイことがありそうな気がしています。

[aNote]~
iPhoneアプリ「Awesome Note」と同期するためのノートブック。
Awesome Noteは大変に優秀なメモアプリなのですが、Evernote同期があまりにも遅い・・・。とりあえずこのカテゴリーは現在絶賛放置中。同期スピードが改善されたら使うかもしれないです。

と、言うわけでノートブックは区切りをのぞくと25個。ほぼ使用していないものを除くと20ほどのノートブックで回しています。多いのか少ないのかわかりませんが、増減があったとしても±1~2と言うところでしょう。

この形に至るまで、ノートブックの数や種類分けはコロコロ変わりました。そして、一週間後に自分のEvernoteがどうなっているかも想像はつきません。

だが、それでいい。

「良いな」「良さそうだな」「きっと便利だな」と感じたら、とりあえずやってみるのが自分のEvernote術。

元の形に戻すことはいくらでもできますし、せっかくの自由度の高さと柔軟性に富むツールを、自分の思いこみの小さい枠で縛るのはもったいないことです。
これからも試行錯誤を重ねて自分のEvernoteをさらに洗練していきたいと思います。

 

Evernoteを考える第4回 〜ノートブックとタグを晒すにあたって〜 « OZPAの表4

さて、ある程度ノートが溜まってくるとまた新たな悩みが浮上してきます。それは「整理」に関して、つまり「ノートブックとタグの扱いはどうしよう」と言うものでした。

ノートブックにどんな名前を付けてどんなものを置くべきか?ノートブックとタグの使い分けはどうすべきか?そもそも何のために耳慣れない「タグ」とやらを付けるのか?…etcetc.


 

Evernote 3.3.10App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
カテゴリ: 仕事効率化 価格: 無料
更新: 2010/09/25

 

Awesome Note (+Todo) 4.7.3App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
カテゴリ: 仕事効率化 価格: ¥450
更新: 2010/11/03

Evernoteを考える第4回 〜ノートブックとタグを晒すにあたって〜

Evernoteはメールアドレスさえあれば無料で始められる敷居の低いツールです。

ところが、いざEvernoteの使用を始める際、頭を悩ませる事柄がいくつかでてきます。かく言う私も壁にぶち当たりました。
ここで言う《壁》とは決してネガティブな意味合いではなく、自由度の高いEvernoteならではの選択肢の多さからくるもの。つまりは贅沢な悩み、嬉しい悲鳴というやつなのですが、これをストレスに感じ「アカウントは作ったものの未だにEvernoteよくわからん」と言う人は私の周りで後を絶ちません。「で、どうやって使うの?」と聞いてくる友人、知人の多いこと多いこと。

その壁の一つはやはり「何をEvernoteに入れたらいいのか分からない」と言うこと。

これに関しては第1回でも書いたとおりですが「全ての情報を入れてしまおう」という姿勢を貫きたいと思います。 @goryugoスタイルです。

Evernoteを考える 第1回 〜私とEvernote〜 « OZPAの表4

1,Evernoteは何を入れてもいい。そして、何でも入れてしまえばいい。

Evernoteを導入した人にありがちなのが
「何に使ったらいいのか分からない」
という事象。かく言う自分もそうだった。

Evernoteはカスタマイズ性に優れた自由度の高いツール。
それゆえ、「正しい使い方が分からない」と思い込み持て余す。
「皆『Evernoteイイよ!』と言うけれども何が良いのやらわからない。」となってしまう。

だが、Evernoteには正しい使い方など存在しない。「何を入れたってかまわない」のだ。

You、何でも入れちゃいなよ


また、ノート作成のトリガーとして参考になりそうな記事がございましたのでこちらもどうぞ。

想造ノート: Evernoteを自分だけの「ちょっとした備忘録」にするためのトリガー100+α個

よくある声として「Evernoteに何を残せばいいのかわからない」というものがあります。
僕もはじめはそうだったのですが、いろいろなノートをひたすら集めていくと自然と自分なりの使い方がわかってきます。

ということで、まずはじめにつくるノートのヒントになりそうなトリガー(使用例?)を100+α個考えてみました。

どんなノートを作っていいか分からない方へ。


さて、ある程度ノートが溜まってくるとまた新たな悩みが浮上してきます。それは「整理」に関して、つまり「ノートブックとタグの扱いはどうしよう」と言うものでした。

ノートブックにどんな名前を付けてどんなものを置くべきか?ノートブックとタグの使い分けはどうすべきか?そもそも何のために耳慣れない「タグ」とやらを付けるのか?…etcetc.

Evernoteの検索機能というのは非常に優秀で、ノートブックとタグはそれを補助するもの、またEvernoteを整理をする為のものなのですが、それに振り回された結果「なんだかめんどくさいからEvernoteバイバイ」となってしまっては本末転倒。そう言った意味では、どちらの機能も「使わない」と言う選択肢もあります。まぁかなり極端ですが。

Evernoteは10人いれば10通りの使い方があるツールですので「これが正しい!」と言うような答えはありません。

次回の更新で自分のノートブックを晒しつつ、自問自答してみたいと思います。
自分がそうであったように具体例をみることによってヒントを得たり真似をしたりできる記事が書ければと思います。

【企画?】「iPhone のホーム画面を見せてください」 にのらせていただく

@ika621さん【企画?】iPhone のホーム画面を見せてくださいという企画をやっていらしたのを発見。

つい二週間ぐらい前にホーム画面まとめ記事を三回にわけてやったのにタイミング悪い悔しい!

という訳で三回にわけた記事をひとまとめにして企画に参加させていただく事にした。

過去のまとめ記事をごらんになった方は特に見る必要ないですw

注意:恐ろしく長いのでお時間のある方のみどうぞ。


(2010年9月6日撮影)

1.よく使うもの、すぐに使いたいものはDockにまとめるか、フォルダに格納せずアプリ単体で配置。

2.1には頻度で劣るがホーム画面にあった方が便利なものはフォルダ内へまとめて。

3.視認性を上げる為に、フォルダに名前をつける際先頭に絵文字を配置。


参考

「b2log」_iPhone:iOS 4 フォルダ分けの極私的ルール×3@synkuro様

Dock


すぐにアクセスできるDockには特によく使うアプリを。

電話
iPhoneは、携帯電話。
それ以上であってもそれ以下では無い。それを忘れてはならない。
すぐにかけられないと不便なのでこの位置。

メール
基本SMS/MMSはほとんど使わない。使用アドレスは「@i.softbank.jp」と「Gmail」の2つを人や状況に合わせて使い分けている。

フォルダ「Multi-Use」
普段よく使うツールをひとまとめに。

FastEver(230円)
ワンタッチでメモ画面が起動、保存ボタンをクリックすると自分のEvernoteアカウントにメモを作成してくれるアプリ。ノートブック・タグの選択が可能で、公式アプリではできないチェックボックスの作成も実装。何か思いついたらこのアプリを起動している。Evernote使いには必携ではなかろうか。

「goryugo, addicted to Evernote」_Fasteverがチェックボックス入力に対応して神アプリの領域を超えた@goryugo様

FastEveer Snap(230円)
アプリ起動ですぐに撮影画面。撮った写真をすぐさまバックグラウンドでEvernoteへ送信してくれるアプリ。
タッチフォーカスができないなどまだまだ未完成な感はあるが、上のFastEverと同じ開発元なので今後のアップデートに期待。

「goryugo, addicted to Evernote」_最速でEvernoteに写真保存 FastEver Snapが出た|@goryugo様

速Todo For Toodledo(115円)
Todo管理を私はToodledoで行っているのだが、これはToodledoへのタスクの追加のみに特化したアプリ。フォルダとコンテキストを選べ、期日も5日後までワンタッチでチェックできる。広告有りの無料版も。

「iPhoneとiMacと自分と…」_Toodledoを使って本格的にGTDを実践してみることにした|Kiphonen様

Egretlist(350円)
Evernote上のチェックボックスをつけたもののみを同期してくれるアプリ。
当初はTodoリストとして、GTDをこのアプリを使ってやろうとしたのだが、自分にはその使い方は合わなかった。現在はチェックリスト的な使い方をしている。Evernoteへのジャンプ機能もつき、ますます便利に。

「R-style」_Egretlistがver1.6にアップデートして大幅な進化をとげた件について@rashita2様

「ryo’s web and life log」_Egretlistが神アップデート! EvernoteとGoogleカレンダーでToDoを管理する@ryo_dg様

Awesome Note (+Todo)(450円)
Todo管理までできるかなり多機能なメモアプリ。
Evernoteへの同期が出来るようになった頃から使用し始めた。が・・・いかんせんEvernoteとの同期が遅すぎる。まぁマルチタスク対応アプリなので、同期は裏で動かしておけばいいのだが…
同期はメモが大分たまった段階でする事にし、今はブログ下書きの貯蔵庫に使用している。

メモアプリとしては優れたUI、GoogleDocsとの連携など、これを買っておけば間違いないと思うほどの完成度。

Pastebot_コピー&ペースト強化ソフト(450円)
テキストや写真をコピーした後に起動すると、クリップボードに保存してくれるアプリ。フォルダによる管理も可能。同じWi-Fi上のMac,Winとのコピー&ペーストのやりとりが非常に便利。写真をまとめてPCに落としたり、iPhoneにPCで書いたテキストを流し込んだり。

iMemoryGraph(無料。メモリ解放機能のアドオンは+115円)
iOS4になってから実装された「マルチタスク機能」。アプリ感の切り替えは大変便利なのだが、頼りすぎるとiPhoneは激重になってしまう。そこでこのアプリ。アプリ自体は無料だが、115円のアドオン購入でメモリー解放ができる様に。ちょっとiPhone重いなー、と思ったらすぐ起動してサッとメモリ解放。

Calcbot(350円)
Pastebotと同じ制作元による計算機アプリ。ある程度の関数計算もできる(らしい。数学弱いので良くわからん)。そして何よりアイコンが可愛い。ここの制作元のアプリは操作感が良くて好きだ。
画面を上にスワイプすると、過去の計算履歴が表示される。式ごとコピペできるのも便利。

SNS

その名の通り、SNSアプリが並んでいる。

と言っても、使っているのはほぼ最初の2つだけなのでその2つをご紹介。

Osfoora,for Twitter(350円)

アイコン・UIともにモロ私好みのTwitterクライアント。ダークテーマが好きなので。
TLやリスト取得も高速で、機能的にも申し分ない。
様々なクライアントのいいとこ取りをしたようなアプリで、デフォルトTwitterアプリの座をTwittelatorから奪って以来、ずっと使用している。
・・・ただ最近たまに落ちる。バージョンアップでのバグフィックスは繰り返されているのだが、更なる安定性を望む。

foursquare(無料)
位置情報を利用したSNS、「foursquare」の公式アプリ。
自分が行った場所(駅・娯楽施設・レストランなど様々)で、GPS付き携帯から「check-in」することでポイントを溜めたりバッジをもらえたり。友人に説明する際は「チェックポイントがそこらじゅうにあるスタンプラリーだ」と言っている。
check-inした際Twitterに同時投稿できるので、私はライフログのツールとして使用中。

最上段


デフォルトアプリ「設定」の隣にカメラアプリが3つ並ぶ。それぞれ用途が違うので以下でご紹介。

設定
Wi-Fiのオンオフ切り換えたり、Bluetoothを起動したり、バイブレーション切ったり、ふと圏外になった際に「機内モードON→OFF」を試して電波状況を改善したり・・・
この位置にないと困る。

iPhone: 圏外から高速で3G回線復帰する方法

Hipstamatic(230円。レンズ、フィルム、フラッシュのセットがアドオンで4種類(各115円))

画角が正方形のトイカメラアプリ。トイカメラなんて別に・・・と思っていたが、コレが楽しくて楽しくて仕方ない。
アプリ本体は230円で、初期段階でレンズが3種類、フィルムが3種類、フラッシュが2種類使用可能。その時点で3×3×2=18種類の写真が撮れる。更に、アプリ内課金でレンズ・フィルム・フラッシュを増やすことができ、それぞれのチョイスによって撮れる写真の幅がグッと広がる。
撮影前にiPhone本体をシェイクすると、持っているフィルタをランダムで決定してくれる機能がツボで、面白い写真が撮れたらすぐさまアプリ内からFlickrへアップしている。写真はずぶの素人の自分でもそれっぽい(あくまで、ぽい)作品が出来るのが面白い。インターフェイスも素晴らしく、買って良かったと常々思っているアプリだ。

こんな写真が撮れますよ↓

「Flash&Gel of Hipstamatic Tips」

Camera Genius(230円)
ズーム機能、音に反応してシャッターを切る「サウンド機能」、連写モード、手ブレ補正、全画面シャッター、タイマー機能などの揃った高機能カメラアプリ。
私はデフォルトアプリのカメラはジオタグをON、「Camera Genius」はジオタグを切り、場所を特定されたく無い場合はGeniusを使用する様にしている。

カメラ

基本使っているのはこのカメラ。iOS4にてデジタルズームも搭載され、ほぼ死角無し。
タップした場所にピントと露光が合うので上手く使いましょう。

前回に引き続き、今回のエントリーでは自分のiPhoneホーム画面の二段目を紹介していきたいと思います。

二段目
フォルダが4つ並ぶ。位置付け的には「毎日使うものではないけれども、ホーム画面にあってくれたら嬉しいもの」と言う扱い。

Photo
写真の管理、編集に関するアプリをまとめたもの。

写真
標準アプリ。5枚まではまとめてメール転送やコピーが可能。はやくフォルダ分け出来るようになってほしい…

Photo-Sort – Organize your photos and videos into folders 1.13(¥230)

更新:2010/08/28

Photo-Sort – Organize your photos and videos into folders 1.13
カテゴリ: 写真
価格: ¥230
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
App

カメラロールの写真やビデオを取り込み、保存・管理するアプリ。標準アプリではできないフォルダ分け(iPhoto使えば可能)がアプリ内で出来るので便利。階層化も可能。Wi-Fiにてパソコンへのバックアップもとれる。
ただ、写真の一覧性と言った意味では標準アプリには到底及ばない。

Flickr(無料)
写真共有サイト、Flickrに写真をアップロードする為のアプリ。後述のSwankoLabなどで加工した写真をアップする際などに使用。

PhotoForge 1.95(¥115)

更新:2010/08/11

PhotoForge 1.95
カテゴリ: 写真
価格: ¥115
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
App

写真編集アプリ。iPhoneでここまでやるか・・・と言うほど高機能。トリミング、回転はもちろん、明度・彩度の変更や数種類のフィルタを搭載、果てはトーンカーブまで扱える。小さいPhotoshopと言ってもいいかもしれない。
似たようなアプリではPhotogeneがありますのでご参考に。

SwankoLab 1.0.1(¥230)

更新:2010/04/22

SwankoLab 1.0.1
カテゴリ: 写真
価格: ¥230
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
App

お気に入りのトイカメラアプリ「Hipstamatic」と同じ開発元による、暗室を再現したアプリ。
9種類ある薬液(アドオンで+9種類(230円))の中からいくつかを選択し、カメラロール内の写真を浸す。現像スイッチを入れると画像が徐々に浮かび上がり、雰囲気のある写真に早変わり。薬液のチョイスだけでは無く、入れる順番によっても出来上がりが変わると言う凝った作り。
まだどうすればどんな色合いになるのかとか全然わかっていないけど、アニメーションも手が込んでいて面白い。

SwankoLab公式サイト

Effect Touch 1.4(¥115)

更新:2010/06/16

Effect Touch 1.4
カテゴリ: 写真
価格: ¥115
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
App

カメラロール内の写真のなぞった部分に、モザイク、ぼかし、色調の反転等々の効果を与えることの出来るアプリ。
使える効果の種類もさることながらブラシも大変細かく設定でき、はっきり言って115円のクオリティーではない。iPhoneで写真加工をするのならば是非。

TiltShift Generator – ミニチュア風写真 1.33(iOS 4.0 テスト済み)(¥115)

更新:2010/07/17

TiltShift Generator – ミニチュア風写真 1.33(iOS 4.0 テスト済み)
カテゴリ: 写真
価格: ¥115
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
App

iPhoneでミニチュア風写真を作成できるアプリ。ぼやける範囲を変動できたり、オシャレな写真が作りたい!と言う方に。

AutoStitch Panorama 3.0(¥350)

更新:2010/06/15

AutoStitch Panorama 3.0
カテゴリ: 写真
価格: ¥350
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
App

撮影した写真を貼り合わせてパノラマ写真を作成してくれるアプリ。風景を撮る際に少しずつ被らせて撮影するのがコツ。

HDRCam 1.0.1(¥230)

更新:2010/01/29

HDRCam 1.0.1
カテゴリ: 写真
価格: ¥230
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1.2 以降が必要
App

HDR(High Dynamic Range)という、明度差を広く取った手法の写真を合成してくれるアプリ。合成、と書いたが独自のアルゴリズムにより一枚の写真から作ってくれるので便利。処理に時間がかかるのはご愛敬。iPhone4はHDR処理を標準カメラで搭載したとの事(iOS4.1にて)

ePhotoChest 2.1(iOS 4.0 テスト済み)(無料)

更新:2010/07/08

ePhotoChest 2.1(iOS 4.0 テスト済み)
カテゴリ: 写真
価格: 無料
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1 以降が必要
App

パスコードが使用できるイメージビューワー。とても人に見せられない画像を保存するのに便利です。私?使ってないよ。うん。

Resizer(現在AppStoreからは削除?)
写真のリサイズが出来るアプリ。他社ケータイにメールを送る場合などに使用。

Recording
記録する為のアプリ達。

DocScanner 4.0.2(¥700)

更新:2010/09/01

DocScanner 4.0.2
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥700
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1 以降が必要
App

撮影した写真をPDFに変換してくれるアプリ。自動的にエッジを検出してくれて、文字を読みやすいようにコントラストを調節出来たりするなど、スキャナーの名に恥じない働き。アプリ内でEvernoteに転送してくれるので重宝している。

HappyTalkレコーダー: 最高のレコーダー! 4.1(iOS 4.0 テスト済み)(¥600)

更新:2010/07/23

HappyTalkレコーダー: 最高のレコーダー! 4.1(iOS 4.0 テスト済み)
カテゴリ: ビジネス
価格: ¥600
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
App

iPhoneには標準でボイスメモが付いているが、音質でそれを圧倒するレコーダーアプリ。UIは慣れるまでとっつきにくいのが難点か。バックグラウンド動作にも対応し、レコーダーとして死角なしと言える程の出来。

FastFinga 2.4.2(¥230)

更新:2010/08/16

FastFinga 2.4.2
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥230
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1 以降が必要
App

手書きメモアプリ。急いでいる時などに使用…のつもりだったが、iPhoneで慣れない手書きよりもフリック入力の方が早くなってしまったのであまり使っていない。

iMandalArt 2.3.1(¥1,500)

更新:2010/07/22

iMandalArt 2.3.1
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,500
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
App

発想支援アプリ。これも今はほとんど起動していない…高かったので置いてあるw

Network
情報のinput、ブログ更新に使うアプリなど。

Reeder 2.1.2(¥350)

更新:2010/08/17

Reeder 2.1.2
カテゴリ: ニュース
価格: ¥350
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
App

RSSリーダー。今私が登録しているRSSは大小あわせて80ほど。一日ほったらかしとくと500前後の記事のRSSが流れてくる。通勤の電車内でサーっと巡り、気になる記事にはスターを付けておく→会社、自宅のPCで閲覧。と言うシンプルな流れ。「自分」と言うフィルタを一度通すのが情報の取捨選択で重きを置いているところ。

Google Mobile App 0.6.0.4416(無料)

更新:2010/08/23

Google Mobile App 0.6.0.4416
カテゴリ: レファレンス
価格: 無料
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
App

言わずとしれたGoogleの公式アプリ。音声検索がなかなか侮れない精度なので使った事のない方は試してみて欲しい。

tumblr gear 1.6.2(無料)

更新:2010/06/21

tumblr gear 1.6.2
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料
iPhone および iPod touch 互換 iOS 4.0 以降が必要
App

tumblr閲覧アプリ。tumblrは、テキストや画像などをWeb上に投稿(ポスト)できるスクラップブックのようなサービス。
暇つぶしにもってこいのはずなのだがエロpostばかりフォローしたせいでイロ画像が垂れ流しになるので電車内では起動できない

BB2C 1.3.18(無料)

更新:2010/08/03

BB2C 1.3.18
カテゴリ: エンターテインメント
価格: 無料
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1.3 以降が必要
App

かの巨大掲示板、2ch閲覧アプリ。無料なのに恐ろしく良い出来(らしい。2chに常駐してる人に言わせると)。

自分はiPhone板や文房具板を閲覧するのに使用。玉石混交の情報の中から得たいモノを発見した時の嬉しさよ。

下の4つはほとんど使用していないので駆け足で。

Read It Later Free 2.2.1(無料)

更新:2010/09/01

Read It Later Free 2.2.1
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1 以降が必要
App

閲覧しているWebページをブックマークし、あとで読むためのアプリ。

今はReederでスターをつけて管理→気になる記事は編集してevernoteへ、と言う流れなので使用していない。

WordPress 2.5(iOS 4.0 テスト済み)(無料)

更新:2010/06/21

WordPress 2.5(iOS 4.0 テスト済み)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1 以降が必要
App

せっかくWordpressでブログ開設したからとダウンロードしたアプリ。コメントの管理など使ってみようと思うコメントなんて無いけど

Ameba 2.0.1(iOS 4.0 テスト済み)(無料)

更新:2010/07/06

Ameba 2.0.1(iOS 4.0 テスト済み)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
App

こっちのブログの投稿に使っている。あまり語りたくはない。

NAVER 画像検索 App 1.1.0(無料)

更新:2010/09/06

NAVER 画像検索 App 1.1.0
カテゴリ: エンターテインメント
価格: 無料
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
App

NAVERの画像検索アプリ。DLしたものの全く使っていなかったので試しに「篠崎愛」で検索したところ幸せになれました。

Dictionary
その名の通り、辞書系のアプリケーションをまとめたフォルダ。

大辞林 1.4(¥2,500)

更新:2010/08/17

大辞林 1.4
カテゴリ: レファレンス
価格: ¥2,500
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1 以降が必要
App

2009年度のグッドデザイン賞を受賞したアプリ。その肩書きに恥じない、大変に見た目美しいUIと、使っていて楽しい操作感。辞書がこんなに面白いものだったとは、と感じさせてくれる。手書きでの検索など機能も豊富で、高額だが買って良かったと思うアプリ。

ウィズダム英和・和英辞典 3.1(iOS 4.0 テスト済み)(¥2,800)

更新:2010/06/22

ウィズダム英和・和英辞典 3.1(iOS 4.0 テスト済み)
カテゴリ: レファレンス
価格: ¥2,800
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1 以降が必要
App

三省堂「ウィズダム英和辞典 第2版」と「ウィズダム和英辞典」をセットにした電子辞典。英単語の発音までこなしてくれる。正直使用頻度が高いわけではないが、いざ、と言うときに助かる。

Wikiamo 1.20(iOS 4.0 テスト済み)(無料)

更新:2010/07/01

Wikiamo 1.20(iOS 4.0 テスト済み)
カテゴリ: レファレンス
価格: 無料
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
App

オンライン百科事典、Wikipediaの無料アプリ。
ちょっとした調べ物に。

三国志辞典(350円)

三国志大好きな私が値下げ(購入時230円)につられて購入してしまったアプリ。ごくたまに三国志好きの友人と盛り上がるために使用。

エキサイト英語翻訳 1.0.5(iOS 4.0 テスト済み)(無料)

更新:2010/07/30

エキサイト英語翻訳 1.0.5(iOS 4.0 テスト済み)
カテゴリ: レファレンス
価格: 無料
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
App

翻訳サイト「エキサイト翻訳」のアプリ。
精度に関しては正直微妙なところであるが、なんとなく訳してくれれば理解できるのでOK。

Star Walk – 5つ星の天体観測ガイド 4.5(¥350)

更新:2010/08/29

Star Walk – 5つ星の天体観測ガイド 4.5
カテゴリ: 教育
価格: ¥350
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
App

起動して上にかざすと、iPhone内蔵のGPSや電子コンパスと連動して今そこにある星座などを表示してくれるアプリ。実際の星空を見ながら星座解説に使うも良し、部屋の中で架空の星空を眺めるも良し。辞書ではないけど、ここに置いている。iPhoneてどんなアプリがあるの?と言われたらコレを見せると良いかも。

総合お薬検索 QLife – 処方薬 & 市販薬 約17000種を掲載 1.0(無料)

リリース:2010/08/04

総合お薬検索 QLife – 処方薬 & 市販薬 約17000種を掲載 1.0
カテゴリ: メディカル
価格: 無料
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
App

約17000種類もの処方薬、市販薬の作用・効能、用法・用量、成分、保管方法までを表示してくれるアプリ。その情報量には驚き。いざ、と言うときのために持っている。

三列目、四列目
三列目、四列目に関しては使用頻度の高いアプリをフォルダに入れずそのまま。テキストエディタの項は現在試用期間中。

SMS/MMS
電話番号でのショートメールと「@softbnk.ne.jp」のやりとりに使うデフォルトアプリ。全文しかコピーができないのと、UIが可愛すぎて常用するにはちょっと…なのでこちらからMMSを使って送る事は皆無と言っていい。
ただ、MMSでしかやりとりしない人や、メーリングリストの動作確認、着信のお知らせなど、すっと起動出来るところにないと困るのでこの位置。

safari
デフォルトのWebブラウザ。サードパーティアプリで色々とブラウザはあるようだが、一度も浮気せずこれを使用している。
数々のブックマークレット(ブックマークをクリックすることによって動作するプログラムのこと)のお陰で快適なブラウジングができる。

Refills 1.1.2(¥1,200)

更新:2010/08/19

Refills 1.1.2
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,200
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
App

スケジューラアプリのRefillsは手帳の様なUI。アプリ名にもなっているリフィルはアプリ内課金で購入可能。
スケジューラは様々試したが、毎日の様に使うモノなのでデザイン優先でこれに落ち着いた。

MoneyTron – おこづかい帳 1.0.2(iOS 4.0 テスト済み)(¥230)

更新:2010/07/16

MoneyTron – おこづかい帳 1.0.2(iOS 4.0 テスト済み)
カテゴリ: ファイナンス
価格: ¥230
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1 以降が必要
App

お小遣い帳アプリ。
はっきり言ってしまえば、Moneytronはこの手のアプリでは機能不十分と言わざるを得ない。金額登録時にメモ書きを取ることができないし、出資カテゴリも他のアプリに比べると自由度が足りない。が、UIが好みなので使っている。
アプリ開発者さんのホームページを見るとアップデートに関して考案中の様なのでそれまで待ってみようと思う。まぁ、そんな対した稼ぎでも無いので十分っちゃ十分なんですけど…

GoodReader for iPhone 2.8.6(¥115)

更新:2010/09/04

GoodReader for iPhone 2.8.6
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥115
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
App

「有料iPhoneアプリで一つだけダウンロードできるとしたら何を選ぶ?」と問われたら間違い無くこのアプリを選ぶ。
PDFビューワとして発売されたようだが、ただ単にPDFを見るだけでは宝の持ち腐れ。扱えるファイルはpdfだけでなく、jpgはもちろんmp3などの音声データ、mpegを始めとした動画ファイル、果てはzipの圧縮・解凍までできてしまう。
更にこのGR、閲覧しているWebページをそのまま、もしくはPDFに変換して保存したり、YouTubeなどの動画をウニャムニャする事も可能。Dropbox、GoogleDocs、標準アプリのmailなど各種サービスとの連携も優れているまさに万能アプリ。未だに何故115円なのかが理解出来ない。2000円くらいになっても躊躇せず買う。
GRの便利な使い方に関してはとうてい簡単に書き切れるわけがないので、以下のリンクをご参考に。

「酔いどれオヤジのブログwp」_GoodReader 2.7 にバージョンアップ@yoidoreo様

「iPhoneとiMacと自分と…」 _全てのファイルはクラウドへ。GoodReaderバージョン2.7でDropboxと連携。|Kiphonen様

Evernote 3.3.9(無料)

更新:2010/08/31

Evernote 3.3.9
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
App

買い物メモも、大事な講義のノートも、思い出の写真も — 全て一つの場所にあって、しかもそれが簡単に取り出せるとしたら?
記憶に使っていたメモリは解放され、貴方の脳味噌はもっと他の事に使えるはず。
だったら記憶に関するモノは預けてしまえばイイ。それがEvernoteというサービス。

最近周りの人から「Evernoteってどう使うのよ?」などと尋ねられる事が増えてきた。他人に教える程修めていないが、この便利なサービスが色んな人に認知されているのをひしひしと感じる。
じっくり自分なりの使い方をまとめて記事にしたい。

Todo 3.4.3(¥600)

更新:2010/05/14

Todo 3.4.3
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥600
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
App

ToDo管理及びGTDをToodledoで行っている私。公式アプリが無料の際にDLしたのだが、結局はAppigo社の「Todo」を使う事にした。Evernote + EgretlistでGTDをこなしてみたかったのだが、どうも自分にはこちらの方が性に合っているようだ。

フォルダ「TextEditer」
テキストエディタは現在試用中のためフォルダに3つ。

WriteRoom 2.7(iOS 4.0 テスト済み)(¥600)

更新:2010/07/02

WriteRoom 2.7(iOS 4.0 テスト済み)
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥600
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
App

黒地の背景に白文字で書き連ねる、テキストエディタ。Webアプリの「SimpleText.ws」(要・Googleアカウント)との連携が可能で、「TextExpander」も対応している。
長らく使用していたのだが、どうもよく落ちる上に、マルチタスクで戻って来た際にレイアウトがおかしくなるなど、iOS4になってから挙動があまり良くない。UIはダントツにカッコ良いので早く安定してほしい。

Simplenote 3.0.3(無料)

更新:2010/09/08

Simplenote 3.0.3
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
App

現在メインで使用中のテキストエディタ。こちらもTextExpanderに対応。アイコンがどっかの銀行のようだ。Webアプリ「Simplenote」に対応。PC、iPhoneどちらで文章を書いても相互同期というのはありがたい。

最近のアップデートによりタグ付けが出来るようになり、さらに編集履歴の呼び出しが可能に。Writeroomにはできないアンドゥ・リドゥが出来るのは非常に大きなポイントで、機能面ではWriteroomを現時点で凌駕する。

白背景があまり好きではないが安定性の面も含めてこちらを常用中。

「Yu_notes」_黒から白へ!simplenoteが華麗にバージョンアップ@flavour47様

DraftPad 1.2.1(無料)

更新:2010/08/01

DraftPad 1.2.1
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1 以降が必要
App

Draft(下書き)Padと言う名前の通り起動すると白紙が一枚放り出され、文章を書いていくだけ、というあまりに潔いテキストエディタ。フォルダ機能も無い。シンプルな挙動で安定性は最高。書いた下書きをEvernoteやメールに一発で送れると言うのもミソ。

だがこのアプリの素晴らしいところはシンプルさだけではない。数々のアプリ連携が便利すぎる。制作者の@manabuueno様はじめ各種ブックマークレット作者様に感謝である。しかも、無料。

「したっけ、鈍がめ 備忘録」_Safariとの連携も絶妙な最強メモアプリ DraftPad を試す![iPhone・iPad][無料]@ma2mars様

「春友日記 〜なまらiPhone〜」_アプリ連携が素晴らしいアプリ『DraftPad』@spring_friends様

<まとめ>

と言うわけで「ホーム画面まとめ」記事。いかがでしたでしょうか。

自分の考えをアウトプットすると色々と考えさせられ、記事を書いている途中にも関わらずホーム画面を弄りたくなると言う始末w

今後どんなアプリが現れ、どのようなホーム画面に推移していくのか大変楽しみです。