こちらは旧サイトです。新サイトは http://ozpa-h4.com/ です!RSS登録の変更をお願いいたします!!

「雑記」タグがついた投稿

MOLESKINE(モレスキン)を使いおわって

今年の六月頭に購入したMOLESKINEノートをつい先日使い切りました(厳密にはちょい残ってるけど月が変わるタイミングで2冊目突入)。ちょうど半年ほどで一冊と言うことになります。
使用していたのはラージサイズのルールド(横罫線)ノート。
仕事ではLIFEノーブルノート(B6)を使用しているため、主にプライベートでの使用。
この半年は、常に傍らにiPhone、もしくはMOLESKINEがあるという生活でした。と言うかこれからもですが。

さて、以前「モレスキン 「伝説のノート」活用術」を読んで と言うエントリーでも書いたのですが、Evernoteとの併用により「身の回りに置いておきたい情報の漏れ」がほぼ無くなりました。

 

「モレスキン 「伝説のノート」活用術」を読んで « OZPAの表4

私は道具というものにこだわるという行為が好き。
新しい技術はとりあえず飛びつくし、どうせ身の回りに置くのであれば自分の気に入ったものを使っていたい。
形から入る人間のステレオタイプとも言う。

以前のエントリー


半年でラージサイズ一冊使い切ると言うペースが遅いのか早いのかは分かりませんが、とりあえずMOLESKINEを一冊使い切り感じたのは「多ページの安心感」と「カスタマイズの楽しさ」について。

1.多ページの安心感

上はMOLESKINEを使い始めた頃の写真。
行間が少なく、大変に読みにくいです。はっきり言って読み返す気にならない。

そしてこちらが先月取ったノート。ある程度の余白を意識的に持つようにしています。ぼかし入ってわかりにくいですねスイマセン。

購入直後はどうも「高いノートだから余すところなくたっぷり使おう!」と思っていたのですが、後から読み返すと隙間なく埋められた文字に酔いそうになる始末でした。目的の情報にたどり着くのが困難。

デジタルツールであれアナログであれ、情報を扱う上でもっとも大切なのは「インプットとアウトプットが快適であること」と私は考えます。
例えば、EvernoteではFastEverやFastEver Snapといったアプリのおかげでインプットはソツなく出来ますし、優れた検索機能のおかげでアウトプットも問題ありません。

一方MOLESKINE。インプットはペンを取りだし書き出すだけ。このシンプルさと自由度は到底デジタルで味わうことは出来ません。
問題はアウトプット。どうしたってMOLESKINEから情報を取り出すには自分の手と目を使うしかない。文字に酔ってしまうようなノートではストレスが溜まります。

文字を小さく書けばいいじゃんと言われそうなんで書いておきますが、オレチイサイモジカクノニガテ。
だので、ノートを書く際は行間を多くとり、新規ノートは必ず見開きの左ページから書き出すことにしました。

「余白がもったいない、余った右ページがもったいない」という考え方は「情報の死滅と、検索に伴う時間の方がもったいない」という考えにシフト。
これはMOLESKINEの多ページからくる安心感が成せる代物でしょう。
ページが余ってどうしてももったいないと言うのなら、あとから写真でもシールでも焼き海苔でもなんでもいいから貼りなさい。ほんで非常食にしなさい。

2.カスタマイズの楽しさ

上記の「アウトプットのしやすいノート作り」ですが、行間あければ全て解決!…というわけにはいきません。そりゃそうだ。

モレ本にもありましたが、MOLESKINEの良さはカスタマイズ性に優れた点にもあります。自分なりのMOLESKINEを作る楽しみ。これもデジタルでは味わえないでしょう。

 

MOLESKINEのカレンダーを配布してみる « OZPAの表4

MOLESKINEノートに書き物をしている際、日付を確認するためにカレンダーを見たい、と言うことがままあります。
そんなときはイチイチiPhoneを取り出してカレンダーアプリを起動するのですが、これがかなりうっとうしい。
じゃあMOLESKINEにカレンダー作って貼っちゃえ!と言うわけで以前作ってみたんですね。

カレンダー貼ったり


 

【モレスキン】OSANPO Shoppingでスタンプを買いました【カスタマイズ】 « OZPAの表4

モレスキンはそのシンプルさ故カスタマイズに幅が利くノート。私もペンクリップを差したりメモテープをベタベタと張り込んだりしているのですが、本を読んで以来このスタンプに興味があったので、掲載されていた「OSANPO Shopping」さんの「インデックススタンプ」を注文してみました。

スタンプ押したり


 

月毎に切り込みを入れてみたり。

他にも、ロディアを貼り込んだりMSKで作成したプリントを貼り付けたり非常食の焼き海苔を貼り付けたりしているお陰で私のMOLESKINEはぷっくりと太くなりました。

可愛いですね。

ノートに愛着が湧けば、当然使用頻度も増えますし、そうすれば自ずから情報はノートに溜まっていきます。この好循環を生み出してくれるのもMOLESKINEの利点であると言う事でしょう。

そんなわけで、これからもMOLESKINEライフを楽しんでいきたいと思います。

この記事をはてブする このエントリーをはてなブックマークに追加

日刊ブームで思うこと

@goryugoさんが火付け役となって起こった「日刊ブーム」。

 

Posterousのテキトー日記のススメ | goryugo, addicted to Evernote 

日刊ごりゅごというウェブ日記をほぼ毎日書いています。(一回中断したけど、それ意外は毎日書いてます)
タイトルは毎回日刊ごりゅご。
末尾に数字だけ付いています
この「数字を付ける」という行為、これが楽しいんです。
数字が増えてくのが楽しくて、毎日続けたくなるんです。内容はもうこれでもかっていうくらい「だいたい言いたいだけ」
その日に思ったことをiPhoneでメモって、一日分まとめてPosterousというサービスにメールしてるだけです。


私もその流れに乗ってみよう!と言うことでPosterousにて「日刊おつぱ」を始めてみました。

[影響を]Posterousはじめてみました [受けやすいワタシ] « OZPAの表4 

一応
・毎日最低一度は更新(一行でも良し!)
・ナンバリングする
というゆるーい決め事を設けました。一行でもイイじゃないか。人間だもの。
日々の思いつきやらなんやらをテキトーに書く。
この表4とは別角度で思いを吐き出すツール。
Evernoteのライフログ同様、ポストが溜まっていくのが楽しみです。


その後@goryugoさんのブログを覗いていると、たくさんの方が日刊を始められた様子。

 

日刊が増えすぎて涙した 今週のまとめ ~11/19 | goryugo, addicted to Evernote 

日刊ブームに泣いた
日刊ごりゅごとか楽しいよって書いたら、ものすごく沢山の人々がマネして下さって泣いた。
以下、わかる範囲でご紹介。(古い順)

すごい数。更にこの後も増えていく「日刊」。


さて、乗っかっておいてなんですが、なぜこんなにも多くの方が日刊を始められたのでしょうか?
新たにブログを始めると言う作業は、少なからず労力が必要なのにも関わらず、です。

足りない脳味噌を少しばかり回転させて考えてみたのですが、この日刊ブームの裏にはいくつかの優れたコンセプトがあったのではないかと考えます。

《コンセプト1》だいたい言いたいだけ

この言葉を始めて見たときの「はぁー」という感動は忘れられません。韻を踏んで語呂が良く、日刊の概念を余すことなく伝えうるこの言葉。すごい。
震えが三日三晩止まりませんでした。

まぁ震え云々は嘘なんですが、「ブログを始める」「日刊だから毎日書かなきゃいけない」という精神的なプレッシャーはこの10文字で霧散してしまいます。
良い意味で適当を貫いている@goryugoさんだからこその言葉なのではないでしょうか。

何を、どんな文体で書こうとも自由。ブログとは元々そう言うモノ。それを今一度思い起こしました。

《コンセプト2》ナンバリングの妙

ブログ、と言うものを始めてみても途中でやめてしまう人がいるのは何故でしょうか?

誰が読んでくれているかわからないから?面倒くさくなるから?
それらもあるでしょうが、一番問題なのは「達成感が得られないから」ではないでしょうか。
反響が沢山寄せられたりコメントが山のようにつくブログであれば、その反応によって達成感を得ることになるでしょうが、そのような大きなブログを作り上げるのは並大抵のことではありません。
ではどうすれば達成感を得られるか?

@goryugoさんの提唱する「ナンバリング」。ただタイトルに数字を振っていくだけなのですが、これによって得られる効果はその労力に反して凄いものがあります。

達成感は相対的なもの(コメント・はてブなど)によらず自発能動的なところから得た時の方が大きい。
日に日に見える、増えていく数字。積み上げたのは自分。
あらやだ俺すごい。日刊楽しい。でぃすぃずぃっ(This is it)

《コンセプト3》Posterousでやる

数多あるブログサービスの中からPosterousを選択する意味は?

それはやはりなんと言っても手軽さが優れている点でしょう。メール投稿、ホント楽。

私はATOK Padで書き上げた文章をそのままメールしてます。
他の方はどうやって日刊を書いているのかな?

《コンセプト4》Twitterの延長線にある日刊

一瞬一瞬を切り取ってつぶやくのがTwitter。これも気軽さがウケているサービスですが、日刊にもその精神は受け継がれます。
一日をおもむろに振り返り、おもいつくままだいたい言いたいことをつぶやくだけ。

140文字制限がありませんから自由度はTwitterの比ではありませんし、画像投稿だってできます。やったことないけど。

ちょっとTwitterにはつぶやきづらいことも日刊の方には意外とすんなり書けちゃうことも多く、感情の吐き出し口が増えるというのはメリットこそあれデメリットは少ないなと感じました。(ネチケットは守った上でね)

小難しいこと考えてみましたが、まぁ今日の更新で何が言いたいかというと、みんなで日刊やろうぜ!ってこと。

「日刊おつぱ」.おつぱさんのポスト – OZPAはオツパって読むんだけど大体おずぱって読まれちゃう人のポスト。

だいたいなまらピカーなパパがこするペンギンの弟が水筒で鳥に覚醒すると8円のぱぱーんでネビュラチェーンの表は巨大←いろんな方が参加されてる日(?)刊。自分は表。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[影響を]Posterousはじめてみました [受けやすいワタシ]

なるべく「お堅い」記事を「真面目に」書こう!と始めたこのブログも、立ち上げてようやく2ヶ月半。
そのきっかけであらせられます@goryugoさんがエントリーされていた先日の記事。

 

Posterousのテキトー日記のススメ | goryugo, addicted to Evernote

日刊ごりゅごというウェブ日記をほぼ毎日書いています。(一回中断したけど、それ意外は毎日書いてます)

タイトルは毎回日刊ごりゅご。

末尾に数字だけ付いています

この方ほど「だいたい」という言葉を上手に使っている人を僕は知らない。

 

 

Posterousというブログサービスで簡単な日記やろうぜ!というもの。

流石@goryugoさんの影響力はすさまじく、二度ほど企画に参加させて頂き、Twitterでも絡んでくださいます@ika621さんも始められたそうです。

 

Punksteady: 日刊パンチラ創刊

結構前から気になっていた「Posterous」。しかし、なかなか「きっかけ」がなかったのです。
しかし、@goryugoさんがススメていたのでやってみようと思います。

パンチラはうまいネーミングだと思うw


面白そうだなぁ・・・
じゃぁやってみよう、というわけで。

OZPAさんのポスト – OZPAはオツパって読むんだけど大体おずぱって読まれちゃう人のポスト。

始めてみましょうPosterous。
とりあえず「毎日最低一度は更新(一行でも良し!)」


始めてみました。

一応
・毎日最低一度は更新(一行でも良し!)
・ナンバリングする
というゆるーい決め事を設けました。一行でもイイじゃないか。人間だもの。

日々の思いつきやらなんやらをテキトーに書く。
この表4とは別角度で思いを吐き出すツール。

 

Evernoteのライフログ同様、ポストが溜まっていくのが楽しみです。

Mac mini Early 2005を差し上げました!

先日、TwitterのTLを眺めていたらこんなつぶやきが。

@ryo_dgさん「あーMac mini欲しい」

ぼんやりしていて見逃しそうになりましたが、そう言えばだいぶ前に社長からMac mini初代を譲り受けた事を思い出す。

その時はそろそろMacを買い換えようと思っていたところだったので喜んでいたのですが、

1.自宅にはディスプレイがないので買わないと使えない
2.ディスプレイ買ったところで古い機種だし現状使っているeMac(古っ)とそんなに変わらない
3.っていうか最新OS機種欲しい

などの理由から使っておらず置きっぱなしになっていた物。

早速Replyを飛ばし、トントン拍子で引き取って頂ける事となりました。
Twitterすげえ。

Mac mini Early 2005をいただきました! | ryo’s web and life log

とうとう僕の部屋にもMacがやってきました!
やってきたのはなんと、初代Mac mini! 

このMac mini Early 2005は、OZPAの表4の管理人さん、@OZPA
さんにいただいたものです。


こんなにご丁寧に記事にまでして頂きました。
あんな古い機種を送料まで負担して頂いて、なんだか返って申し訳ない・・・

しかし、まさかTwitterからこのような経験が出来るとは思わず、時代は変わったなぁとしみじみ感じたのでした。

@ryo_dgさんありがとうございました!

ご挨拶

人間誰しも表と裏がある。良い意味でも、悪い意味でも。

いつも騒がしいあの人が実は寂しがりやだったり、「おとなしい人」と評されている彼は、家では家族に怒鳴り散らす内弁慶の煮こごりみたいな人だったり。

さて、私は普段周りから
「やかましいメガネ」
との評を頂いている。実に的確な人物評だ。人と接するときにはどうも過度にふざけてしまうし、常日頃何か面白いこと(文字通り)が落ちていないか探している。下ネタの拾い食いは日常茶飯事だ。

だが、そんな自分も真面目に何かに取り組む事だってある。

2009年10月、念願のiPhone3GSを購入した。
以来、iPhoneに関するTipsを扱ったブログを読み漁り、いかにこの媒体を上手に使うか、せっかく買ったコイツをしゃぶり尽くすにはどのように使用すればいいのかをそれこそ真剣に考えた。

すると、今まで興味こそすらあれ触れてこなかった技術や、仕事術、整理術と言ったものを多く学ぶことが出来た。

ある程度自分なりの考えが固まってくると、今度は人に話してみたくて仕方がない。
『iPhoneってこんなこともできるんだよ』
『僕はこんな風に使っているよ』・・・等。

が、私の周りの人間は
「普段ふざけてる貴様にそういう話は求めていない」
といった反応。
「iPhoneに関して話をしている際のドヤ顔が腹立たしい」
という貴重なご意見まで頂いた。

ではこの『真面目な私』はどこにぶつければいいのか?
そうだ、ブログ書こうーーー。


長々ととりとめもない文章を書いてしまったが、要は、あっちでは書いたところで誰も読んでくれないようなものを書きたいという思いがたまりにたまってできたブログが「OZPAの表4」だ。自分のライフログにもなってくれれば一石二鳥。

「表4」とは印刷用語で「裏表紙」の事。
口を開けば下ネタばかりの私OZPAが送る「裏表紙」ブログ。
気負わず更新していきたいと思う。