こちらは旧サイトです。新サイトは http://ozpa-h4.com/ です!RSS登録の変更をお願いいたします!!

「Moleskine」タグがついた投稿

MOLESKINE(モレスキン)を使いおわって

今年の六月頭に購入したMOLESKINEノートをつい先日使い切りました(厳密にはちょい残ってるけど月が変わるタイミングで2冊目突入)。ちょうど半年ほどで一冊と言うことになります。
使用していたのはラージサイズのルールド(横罫線)ノート。
仕事ではLIFEノーブルノート(B6)を使用しているため、主にプライベートでの使用。
この半年は、常に傍らにiPhone、もしくはMOLESKINEがあるという生活でした。と言うかこれからもですが。

さて、以前「モレスキン 「伝説のノート」活用術」を読んで と言うエントリーでも書いたのですが、Evernoteとの併用により「身の回りに置いておきたい情報の漏れ」がほぼ無くなりました。

 

「モレスキン 「伝説のノート」活用術」を読んで « OZPAの表4

私は道具というものにこだわるという行為が好き。
新しい技術はとりあえず飛びつくし、どうせ身の回りに置くのであれば自分の気に入ったものを使っていたい。
形から入る人間のステレオタイプとも言う。

以前のエントリー


半年でラージサイズ一冊使い切ると言うペースが遅いのか早いのかは分かりませんが、とりあえずMOLESKINEを一冊使い切り感じたのは「多ページの安心感」と「カスタマイズの楽しさ」について。

1.多ページの安心感

上はMOLESKINEを使い始めた頃の写真。
行間が少なく、大変に読みにくいです。はっきり言って読み返す気にならない。

そしてこちらが先月取ったノート。ある程度の余白を意識的に持つようにしています。ぼかし入ってわかりにくいですねスイマセン。

購入直後はどうも「高いノートだから余すところなくたっぷり使おう!」と思っていたのですが、後から読み返すと隙間なく埋められた文字に酔いそうになる始末でした。目的の情報にたどり着くのが困難。

デジタルツールであれアナログであれ、情報を扱う上でもっとも大切なのは「インプットとアウトプットが快適であること」と私は考えます。
例えば、EvernoteではFastEverやFastEver Snapといったアプリのおかげでインプットはソツなく出来ますし、優れた検索機能のおかげでアウトプットも問題ありません。

一方MOLESKINE。インプットはペンを取りだし書き出すだけ。このシンプルさと自由度は到底デジタルで味わうことは出来ません。
問題はアウトプット。どうしたってMOLESKINEから情報を取り出すには自分の手と目を使うしかない。文字に酔ってしまうようなノートではストレスが溜まります。

文字を小さく書けばいいじゃんと言われそうなんで書いておきますが、オレチイサイモジカクノニガテ。
だので、ノートを書く際は行間を多くとり、新規ノートは必ず見開きの左ページから書き出すことにしました。

「余白がもったいない、余った右ページがもったいない」という考え方は「情報の死滅と、検索に伴う時間の方がもったいない」という考えにシフト。
これはMOLESKINEの多ページからくる安心感が成せる代物でしょう。
ページが余ってどうしてももったいないと言うのなら、あとから写真でもシールでも焼き海苔でもなんでもいいから貼りなさい。ほんで非常食にしなさい。

2.カスタマイズの楽しさ

上記の「アウトプットのしやすいノート作り」ですが、行間あければ全て解決!…というわけにはいきません。そりゃそうだ。

モレ本にもありましたが、MOLESKINEの良さはカスタマイズ性に優れた点にもあります。自分なりのMOLESKINEを作る楽しみ。これもデジタルでは味わえないでしょう。

 

MOLESKINEのカレンダーを配布してみる « OZPAの表4

MOLESKINEノートに書き物をしている際、日付を確認するためにカレンダーを見たい、と言うことがままあります。
そんなときはイチイチiPhoneを取り出してカレンダーアプリを起動するのですが、これがかなりうっとうしい。
じゃあMOLESKINEにカレンダー作って貼っちゃえ!と言うわけで以前作ってみたんですね。

カレンダー貼ったり


 

【モレスキン】OSANPO Shoppingでスタンプを買いました【カスタマイズ】 « OZPAの表4

モレスキンはそのシンプルさ故カスタマイズに幅が利くノート。私もペンクリップを差したりメモテープをベタベタと張り込んだりしているのですが、本を読んで以来このスタンプに興味があったので、掲載されていた「OSANPO Shopping」さんの「インデックススタンプ」を注文してみました。

スタンプ押したり


 

月毎に切り込みを入れてみたり。

他にも、ロディアを貼り込んだりMSKで作成したプリントを貼り付けたり非常食の焼き海苔を貼り付けたりしているお陰で私のMOLESKINEはぷっくりと太くなりました。

可愛いですね。

ノートに愛着が湧けば、当然使用頻度も増えますし、そうすれば自ずから情報はノートに溜まっていきます。この好循環を生み出してくれるのもMOLESKINEの利点であると言う事でしょう。

そんなわけで、これからもMOLESKINEライフを楽しんでいきたいと思います。

この記事をはてブする このエントリーをはてなブックマークに追加

広告

MOLESKINEのカレンダーを配布してみる

MOLESKINEノートに書き物をしている際、日付を確認するためにカレンダーを見たい、と言うことがままあります。

そんなときはイチイチiPhoneを取り出してカレンダーアプリを起動するのですが、これがかなりうっとうしい。
じゃあMOLESKINEにカレンダー作って貼っちゃえ!と言うわけで

以前作ってみたんですね。写真の腕が悪いためにあまりキレイに見えませんが(^^;)
自分のMOLESKINEの最後のページに貼ってあります。ビバ、カスタマイズ。

曜日を確認するためだけのものなのでごくごくシンプルですが、まぁ便利です。

で、これをモレスキナリーの友人に見せたところ
「おいどんもほしいでごわす」
と言うのでillustratorで作成したデータをPDFにして上げることに。

「あぁ、やっぱりカレンダーあると便利なのかな」とボンヤリ考えたのですが、せっかく作ったんだから同じ悩みを共有するモレスキナリーの方にも使っていただければ幸いと、いっそ配布してみる事にしました。
(年の瀬に今年のカレンダー配布するってどうなんだろう・・・)

2011年カレンダー(Largeサイズ用)

2010年カレンダー(Largeサイズ用)

2010-2011カレンダー(Pocketサイズ用)

ダウンロードは右クリックでできるかと思います。どうぞご自由に。

あんまりギリギリのサイズで作るのもあれかなと、小さめに作成してあります。印刷は用紙サイズをA4にして100%でどうぞ。
自分の使っているのはラージサイズですが、ポケットサイズのカレンダーも作成してみました。こちらは見開きで1年となってます。

ここはこう作り直してほしい、とかご要望があれば対応しますので@OZPAにリプライとばすかコメント欄へどうぞ。

ダウンロードしたぜ!みたいなツイートしてくださると、体中からありとあらゆる水分を垂れ流して喜ぶと思います。

では、充実したモレスキンライフを(^^)

Evernoteを考える 第3回 ~Evernoteを中心においてみる その2~

Evernoteを考える 第2回 ~Evernoteを中心に置いてみる~ « OZPAの表4

前回は自分とEvernoteの出会い、そして私の思うEvernoteの利点を述べさせていただいた。
今回は「Evernoteを中心に置いてみる」と題し、自分がどのようにEvernoteを利用しているかをさらしてみようと思う。

前回のエントリーです。

前回は自分のEvernote周りの環境の中で〈外部情報の取り込み方〉〈タスク・GTD〉編をお送りしました。
今回のエントリーでは〈ライフログ〉〈メモ〉編について。

(クリックでpdfが開きます)

〈ライフログ(水色)〉
「ライフログ」だとか「ユビキタスキャプチャー」と聞くと、取っ付きにくいと言うイメージを持っていたのだが、何のことはない。Twitterの気軽さとEvernoteの連携はライフログに大層適したツール。これを利用しない手はないだろう。

Twitterは基本的にiPhoneから。使用クライアントは「Osfoora」ほぼ一本。かゆいところに手が届く使用感がたまらない。

 

Osfoora, for Twitter 1.6(iOS 4.0 テスト済み)App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1 以降が必要
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング 価格: ¥350
更新:2010/10/13

そして、位置情報を利用したSNSである「foursquare」。チェックイン時はTwitterで呟くように設定。

foursquare 2.1App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング 価格: 無料
更新:2010/10/11

さて、こうしてできあがった自分の一日分のツイート。これを自動でEvernoteに送るのに使用しているサービスが「twtr2src」だ。

 

シゴタノ! — 瞬間から永遠へ。Twtr2src でツイッターのつぶやきを保存して活用する

ツイッターのつぶやきは一瞬一瞬の「瞬間」を捉えたものです。そして Evernote は Ever という言葉からもわかるように記憶を「永遠」に留めておくためのものです。一見この二つは交わらないようにみえますが、永遠とて瞬間の積み重ね、二つをつなげてみることで思わぬ活用方法があります。

twtr2srcは自分の呟きをログとして日ごとに残し、指定のメールアドレスに送ることなどができるWebサービス。
Twitterは性質上、3200件までしかツイートをさかのぼることができない。
折角の渾身の呟きも、楽しかった会話も、いずれ消え去ってしまう。悲しい。

twtr2srcを使えば、その瞬間の記憶を永遠にEvernoteに留めておくことができるのだ。
ちょっと前からEvernoteに直接連携を実装し、よりいっそう使い勝手がよくなった。

上はtwtr2srcから送られてきた一日分の呟きの一部。

感情も、行った場所も、残した写真も。こうしてしまえば立派な日記だ。ライフログだ。ユビキタスキャプチャーだ。その上で自分は3,4行の日記を追記している。

…だがこれでは足りない。Twitterには残せない個人的な呟きや写真もあるから。
そこで使うのが「FastEver」と「FastEver Snap」だ。

 

FastEver 1.5(iOS 4.0 テスト済み)App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
カテゴリ: 仕事効率化 価格: ¥230
更新:2010/10/25

 

FastEver Snap 1.1(iOS 4.0 テスト済み)App
iPhone および iPod touch (4th generation) 互換 iOS 3.1 以降が必要
カテゴリ: 仕事効率化 価格: ¥230
更新:2010/10/23

何か心に留めておきたいこと、呟きたいがTwitterには残せないこと、それらを「FastEver」で即座に転送。FastEverは位置情報もログに残してくれるので、foursquareが使えない状況下でもそのとき自分がどこにいたか判別することができる。

 

Fasteverがチェックボックス入力に対応して神アプリの領域を超えた | goryugo, addicted to Evernote

Fasteverの何がイケてるのか
Evernoteへのメモ専用だから、専用アプリでしか出来ないことが出来る。これがFasteverと他のメモアプリと比べた時の違いです。 

じゃあ実際に何が出来るのかと言うと、今まであったのは「メモの位置情報を自動で残す」機能。この機能、いつかきっと面白い使い方が出来るようになるのではないかと思っていて、この機能が実装されて以来私はFastever一択で使っていたのですが、世間一般ではあまり注目されていないようです。


そして、FastEver Snap。これについては前回のエントリーで記したのでリンクを貼っておく。
もう一度書くが、iPhoneユーザでEvernoteを使うならば絶対に持つべきアプリだ。
FastEver Snapや純正カメラから保存された写真は折を見てflickrにバックアップしている。

 

OZPAの表4

撮影した写真をカメラロールからEvernoteへメールで転送。これ、地味に面倒。

しかしこの度、Evernoteへの写真転送アプリ「FastEver Snap」のアップデートにより「一度撮った写真を選択してから送信」と言うひと手間からサヨナラする時がやってきました。


〈メモ(ピンク)〉
続いてはメモ編。

…とは言えPDFを見ていただければおわかりの通り、メモとライフログに関しては被るところがかなり多い。FastEverとFastEver Snapの二本でほぼまかなっている。
その他で使用しているのはATOK Pad(長文を打つ際に使用)、純正メールアプリ(保存しておきたいメールをEvernoteに転送)くらいのもの。

ここでは、「アナログメモとの付き合い方」を簡単に。

 

こちらは上の関係図PDFを作成する為にモレスキンに描き込んだメモをEvernoteに取り込んだもの。

こういった「後で参照にしたいメモ」はFastEver Snapで撮影しEvernoteとシンクさせる。
そして[handwriting]タグを付けて保存しておく。手書きメモの検索効率を上げるためだ。

「ノートを見ればいいのになんでEvernoteに移すわけ?」
などと思われそうだが、モレスキンを持ち歩いていない時はあっても、iPhoneを持ち歩いていない時は皆無。せっかくEvernoteを使っているなら、いつでも情報を取り出す環境にありたい。

ここで大切なのは「なるべくEvernoteに突っ込もう!」という姿勢だと考えている。

アナログメモの手軽さとデジタルメモの管理の便利さ。
そのパイプ役にEvernoteは多大なる効果を発揮してくれるのだ。

そんなわけで、「Evernoteを考える 第3回 ~Evernoteを中心においてみる その2~」いかがでしたでしょうか。
後半駆け足になった気がしない事もないですが、とりあえず自分を囲むEvernote周りの環境をご紹介できたのではないかなと思います。
正直まだまだ使い方が定まっていないところもありますし、先日のFastEver Snapの様な神アップデートが来るとEvernoteを囲む環境はすぐに変わってしまいます。

でも、それでイイ。それがイイ。

Evernoteは自由度の非常に高いツール。
使用方法を固めてしまい後で苦労するよりも、柔軟な使い方が出来るように備えておく事が大切なのではないでしょうか。

次回はノートブックとタグについて…書けたらいいなぁと思ってます。

 

Evernoteを考える 第1回 〜私とEvernote〜 « OZPAの表4

Evernoteはカスタマイズ性に優れた自由度の高いツール。
それゆえ、「正しい使い方が分からない」と思い込み持て余す。
「皆『Evernoteイイよ!』と言うけれども何が良いのやらわからない。」となってしまう。 

だが、Evernoteには正しい使い方など存在しない。「何を入れたってかまわない」のだ。

 

Evernoteを考える 第2回 ~Evernoteを中心に置いてみる~ « OZPAの表4

前回は自分とEvernoteの出会い、そして私の思うEvernoteの利点を述べさせていただいた。
今回は「Evernoteを中心に置いてみる」と題し、自分がどのようにEvernoteを利用しているかをさらしてみようと思う。

【モレスキン】OSANPO Shoppingでスタンプを買いました【カスタマイズ】

以前書評をさせていただいた「モレスキン伝説のノート活用術」に、スタンプを用いてカスタマイズする、というTipsが掲載されていました。

「モレスキン 「伝説のノート」活用術」を読んで « OZPAの表4

前置きが長くなったが、「モレスキン 「伝説のノート」活用術~記録・発想・個性を刺激する75の使い方」を発売日に購入、先日読了した。

モレスキンはそのシンプルさ故カスタマイズに幅が利くノート。私もペンクリップを差したりメモテープをベタベタと張り込んだりしているのですが、本を読んで以来このスタンプに興味があったので、掲載されていた「OSANPO Shopping」さんの「インデックススタンプ」を注文してみました。

ページの目印になってカワイイしおり☆「インデックススタンプ」|OSANPO Shopping

モレスキンとか文庫本ノートとか、綴じタイプの手帳って、インデックスが付いていたらいいのになぁと思うことってありませんか!?

ほどなくして商品が到着。


早速使ってみる。

と、こんな感じでインデックスを追加する事ができます。中に自由にタイトルを付けましょう。
力一杯押してしまったせいで滲んでますが、きれいに押した写真はOSANPO shoppingさんのサイトでご確認下さいw

スタンプなのでノートの脇から付箋紙が飛び出すようなこともなく、大変にスマート。
肝心の「インデックスとしての機能」ですが、

こんな感じでノートを斜めにすれば結構目立ちます。

と、言うわけでOSANPO shoppingさんのスタンプをご紹介させていただきました。気になる方は公式サイトからどうぞ(^^)

 

OSANPO Shopping|手帳に役立つスタンプ雑貨の通販

HELLO, OUR SHOP is SELLING ORIGINAL STAMPs!手帳に使えるオリジナルスタンプの雑貨通販をしています!

 

 
 

 
自分のイメージを掲載する
この本の中身を閲覧する
モレスキン 「伝説のノート」活用術~記録・発想・個性を刺激する75の使い方 [単行本(ソフトカバー)]
堀 正岳 (著), 中牟田 洋子 (著)
5つ星のうち 3.3  レビューをすべて見る (19件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,500 通常配送無料 詳細

モレスキナーは是非。

「モレスキン 「伝説のノート」活用術」を読んで

「なんでそんな高いノート使うわけ?」

モレスキンノートを使用している私に対し、たまに友人が投げかける問いだ。

私は道具というものにこだわるという行為が好き。
新しい技術はとりあえず飛びつくし、どうせ身の回りに置くのであれば自分の気に入ったものを使っていたい。
形から入る人間のステレオタイプとも言う。

二十歳を超えた頃からだろうか、毎年10月後半になると大型書店の手帳コーナーにて、翌年の手帳をどの様なものにしようか悩みながら選ぶというのが恒例行事となっていた。そう言う時間は楽しいものだし、来年一年間の自分を左右するかと思うと一種の緊張感がある。
しかし、昨年はiPhoneを購入し、スケジュール管理を全てGoogleカレンダーに任せると決めたおかげでスケジュール帳を購入しなかった。

そして現状、スケジュール管理に関してはデジタルツール移行1年目にしては上手く回っており、取り立ててスケジュール帳の必要性を感じないで今日まで来ている。来年も購入予定は特に無い。

だが、仕事・プライベートなどにおいて、メモや議事録を取る際にiPhone一本というわけにはいかない。
いくら発達がめざましい分野とはいえ、こと「自由度」に関してはデジタルツールがアナログツールに比肩する事は無いであろうからだ。

そんな訳で今年に入り、諸々のメモやノートは100円ショップで適当な大学ノートを購入し、そこに書き綴っていた。(今まではスケジュール帳の空きスペースに取っていた)

しかし、これが・・・全く「楽しく」ない。
100円ショップの大学ノートではただの「作業」になってしまい、モチベーションが上がる事がないのだ。そうなるとノートを取る事自体が億劫になってしまうと言う悪循環まで生まれる。

そこで6月頃、以前より欲しかったモレスキンノートと、LAMYのボールペンを購入した。

Moleskine Hardcover notebooks

モレスキンノート ルールド ラージ

LAMY サファリボールペン スケルトン L212

LAMY サファリボールペン スケルトン L212

結果、劇的にノートを取る量が増えた。
何故か?そのツールを使っている瞬間が幸せだからだ。「楽しい」からだ。
それにともない、自分の周りに置いておきたい「情報の漏れ」が激減した。必要な情報はEvernoteかモレスキンを見れば必ずどこかに留めてある。


モレスキン 「伝説のノート」活用術~記録・発想・個性を刺激する75の使い方

前置きが長くなったが、「モレスキン 「伝説のノート」活用術~記録・発想・個性を刺激する75の使い方」を発売日に購入、先日読了した。

パスポートをなくすことなど心配のうちに入らない。
しかしノートを失うようなことがあればそれは大惨事だ。

頭目に飛び込んでくるのは、イギリスの紀行作家であり、有名なモレスキナーでもあるブルース・チャトウィンの著書『ソングライン』より抜粋された言葉。
ノートに対して真摯に向き合っている人でなければわからないであろう「愛情」が感じられる。

本書では

  • 何故モレスキンノートを使うのか?
  • モレスキンノートの具体的活用術
  • カスタマイズの方法・相性の良い文房具

などが分かりやすく書かれている。著者の堀さん、中牟田さんのモレスキンに対する深い愛情も見て取れる上、大変に読みやすい。

活用術としては

  • 「ユビキタスキャプチャー」の仕方とその例
  • 各ページにまたがる情報の整理術・それによって得られる利点
  • DIYの具体例

等が目を引いた。
中でもDIYに関しては、自分なりの使い方を模索中の自分にとっては参考になる記事が多く、これからモレスキンを触るのがまた「楽しく」なってきそうな内容が目白押し。
既にモレスキンを使っている方も、これからモレスキン使おうと思うんだけど、何がいいの?と思っている方にも、読み応えのある本書、大変にオススメです。

さて、冒頭の「なんでそんな高いノート使うわけ?」と言う問い。

「モレスキンはカッコイイから使ってる。同じ情報を見るのに、安い大学ノートとモレスキンじゃありがたみが違う気がしないかい?」

と常々使ってきたのだが、本書を読み次の言葉を言い添える事にした。

「モレスキンを使って記録・記憶すると、人生が「楽しく」なるからだよ」

MOLESKINE公式ページ