こちらは旧サイトです。新サイトは http://ozpa-h4.com/ です!RSS登録の変更をお願いいたします!!

8月, 2010 のアーカイブ

iPhoneのホーム画面を振り返る その2

前回のエントリーに引き続き私のiPhoneのホーム画面の推移を晒しあげ。気になるアプリを発見してもらえたりしたら幸いでございます。
(アプリ名をクリックするとiTunesにジャンプします。)

2010年4月15日
「そんな訳でホーム画面変更。下4つがメモアプリ。うぅむ。」

FastMemo」を導入。シンプルなテキストエディタの「FastMemo」は、起動後すぐにメモを取り始めることができ、ワンタッチでtwitterやメール転送ができると言うもの。主に私はEvernoteへの転送に使っていた。
つまり、この頃からEvernoteへの本格的な依存が始まった、ということ。ただホーム画面を並べているだけなのにその時の感情やらiPhoneの使用状況まで推理できるのは大変に面白い。

2010年4月16日
「で結局こうなる。写真のアイコンだけ気に食わないがこの位置に無いと自分は不便なので仕方ないな。」

たったの一日でホーム画面をマイナーチェンジ→いちいちtwitterでつぶやく。意外と自分はマメなようだ。あとからこうして見返すと、ログが残っているのはなんか嬉しい。
「悩んで悩んでこうなりました!」とドヤ顔の自分に会える。別に会いたくはなかった。

2010年5月11日
「ReederとEgretlistを購入。で、こうなった。期限付きのTodoがあんまりないのでEgretlistで暫定的にGTDをこなす事にした。UIが素晴らしい。」


Egretlist」と「Reeder」の導入。

Evernoteを使いこなしたい!との思いから購入したEgretlist。購入当初はつぶやきにもあるとおりGTDを意識した使い方をしようとしたようだが、現在では全く違う使い方をしている。

さらっと1文で「全く違う使い方をしている。」などと書いたが、そんな柔軟性のあるソフトはEvernoteの他にあるだろうか?

象さんは懐が広いのだ。
EvernoteとEgretlistに関してどう使っているのかは後日きちんとまとめたいと思う。

Egretlistについての詳しい記事はこちら
「goryugo, addicted to Evernote」_EgretlistがEvernoteを神GTDアプリにするかもしれない@goryugo様
「R-style」_Egretlistがver1.6にアップデートして大幅な進化をとげた件について@rashita2様

上記のお二人は、自分がEvernoteを使いこなそうと模索する中で大変に参考にさせていただいたブログ。Evernoteのへの向き合い方が真摯でカッコイイ。
いつか自分なりのEvernoteの使い方を見つけて、お二人のような記事を書きたいものだ。

rashitaさんは『EVERNOTE「超」仕事術』と言う本も出版されておりますので気になる方はどうぞ。(速攻買った)

RSSリーダー「Reeder」は落ち着いた雰囲気のデザインで、使っていて心地よい。
「iPhoneで情報収集をどの様にするべきか?」
自分が得たい情報などTwitterで十分、と思っていたのだが、やはり気になるブログをRSS登録した方が効率がよいし漏れがない。iPhoneでのInput、Outputに関しても後日まとめようと思う(後日ばっかだな)

2010年6月15日
Refills購入してもうた。ホーム画面こんな感じ。


カメラアプリが3つ(「Camera genuis」「Hipstamatic」「カメラ」)並んでいる最上段が実はお気に入りだったりする。
スケジューラアプリを「Pocket Informant」から「Refills」へ。Twitterクライアントを「Twittelator」から「Osfoora」へ。どちらもUI重視での変更。毎日使うものだからこそ、気に入ったものを。
そして、「FastMemo」が「Fastever」に。FasteverはEvernoteにメモを追加する為のアプリ。幾度かのアップデートでチェックボックスがつけられる様になったりとEvernote使いのユーザーは重宝している人が多いはず。アイコンに関しては言いたい事あるっちゃあるけど割愛w

2010年6月22日
「とりあえず現状でのホーム画面。フォルダ名など再考の余地もあるし、並びもこれでいいかまだわからない。とりあえず。」

6月22日にリリースされたiOS4。アップデートした事により、フォルダと壁紙がお目見え。
「ホーム画面に16個以上アプリを置ける!」と喜んだのは良いものの、その自由度故並びにかなり苦心したのを覚えている。
ずっと一軍アプリであったEvernoteやGoodreaderがフォルダ内に引っ込んでいたり、試行錯誤していたのが手に取るようにわかる(わかるのは自分のみだけど)。

そして現在の画面へ。並びとアプリの説明は次回からの更新でやっていこうと思う。

<まとめ>
全二回にわたりお送りしました「iPhoneのホーム画面を晒す」企画、いかがでしたでしょうか。やってみて感じたのは、前回冒頭に書いた
iPhoneのホーム画面をみれば持ち主の人となりが少なからず見えてくる。」

と言うのはやはり間違っていなかったと言う事。

まさかホーム画面の推移を見るだけで当時のiPhoneの使い方のみでなく、感情まで遡れるとは思わなかった。

またログが溜まったらやってみたいと思う。

P.S.

ブログ立ち上げて二回目でやる企画じゃぁないな・・・w

iPhoneのホーム画面を振り返る その1

iPhoneのホーム画面をみれば持ち主の人となりが少なからず見えてくる。

これは私の持論だが、あながち間違ってはいないはず。ホームボタンを一度(あるいは二度)押すと戻れるこの画面は、その人がよく使うアプリなどを置いておくのが通例だからだ。

iPhoneを購入してから、常にこの「ホーム画面をどうしようか」という葛藤を抱える日々。(「葛藤」と書いたが、こういう事で悩んでいる時間が好きな自分にとっては至福の時でもある)
毎日最もよく見るこの画面、普段よく使うアプリは何か、いかに配置したら効率が良いか・・・果ては見た目の美しさまで求める始末。
ある程度「これだ!」というものが出来上がっても、日々数多くのアプリが産声を上げ、既存のアプリもアップデートなどにより一軍二軍がコロコロ入れ替わるこのプラットフォームでは、「ホーム画面こんなんできましたー」とTwitterで呟いた3日後にはすでに違うアプリが並んでいる、などという事は日常茶飯事。

iOS4がリリースされてからはフォルダ機能、壁紙機能が実装され、そのカスタマイズ性はいやまして高くなった。必然、嫌が応にも頭を痛める時間が増えた。(前述の通り至福の時間的な意味で)

さて、今回のエントリーでは、自分のホーム画面遍歴を、多少の解説を交えながら晒してみようと思う。

ちなみに↑こちらが現在の画面である。
それでは、2009年11月からのホーム画面を、Twitterのつぶやきとともにご覧ください。
(アプリ名をクリックするとiTunesにジャンプします。)

2009年11月25日
「Goodreaderアップデート。アイコンに狂気を感じる。」

記念すべきTwitterでのホーム画面初晒し。
ちなみにiPhone購入は10月11日でTwitterを始めたのが10月18日。

つぶやきはこの際無視するとしてその並びを見てみると、やはりと言うか何というか今と全く違うことに驚く。この画面内で現在も一軍に残っているアプリは「設定」「SMS/MMS」「GoodReader」「Evernote」の4つのみ。(フォルダに入っているモノを除く。)
この頃からメモアプリ(「BunruiMemo solo」「FastFinga」)やSNS、情報系アプリ(「Twittelator」「Read It Later」「tumblr gear」)を積極的に取り入れようとしている。
気になるのは全く色合い考えてないなぁ、と言う点。目がチカチカするのは僕だけか?

あと、「FastFinga」のアイコン・・・何も言うまいw

ちなみにこの後
「勢いでホーム画面を晒してしまった。一瞬露出狂の快感を共感した。」
と呟いている。何を言っているのか。

2009年12月18日
「ちなみに現在のホーム画面。ゴゴゴ。」

奇妙な写真メーカー」を友人に教わった際に取ったキャプチャ。まさかこのような形でお目見えするとは。

前回と比べると、カメラアプリが「Darkroom」から「camera genius」、スケジューラが「Calengoo」から「Pocket Informant」、そしてメモアプリが「BunruiMemo solo」から「MomoNote」へ変わっている。

一番大きい変更点はDockに「Pastebot」が入っていることだろうか。
コピーしたテキスト、イメージをストックしてくれるこのアプリは、同じWifi環境下にあるMac(後にWinにも対応)と無線でのテキスト、イメージのやりとりが出来るなど、大変に高機能。長らくこの場所に鎮座することとなる。現在もフォルダに入ってはいるものの、この位置を動かない。
アイコンも可愛くて好き。(今年5月のアップデートで目玉が無くなり大変に残念だが。)

Pastebotについての詳しい記事はこちら
制作元サイト:Tapbots
@donpy様:覚醒する? @CDiP for iPhone/iPad User ver.1.07「Pastebot」でiPhoneからMacにワイヤレスで楽々画像転送!これは便利!

2010年2月8日
「覚え書き。ここ一ヶ月くらいホーム画面が動かない。ようやく固まった感アリだ。」

固まった、と言いつつ全然固まってないのだがw

マネー手帳(家計簿アプリ)」「WriteRoom(テキストエディタ)」「Momento」が登場。MomentはTwitterやflickr、Facebookのログを取得してくれるUIに優れた日記帳アプリ。ここから長らくお世話になることに。

Momentoについての詳しい記事はこちら
公式サイト:Momento-Diary writing for iPhone and iPod touch
@RyoAnna様:RyoAnna’s iPhone Blog「あの瞬間あなたは何をしていましたか? − Twitter、Flickr、Last.fmのログを記録するアプリMomento」

2010年2月17日
「覚え書き。固まった固まったといいつつまた動かしたiPhoneホーム画面。うん、コレで当分動かない……はず。」

ほうら、固まってない。
前回のホーム画面からわずか9日しか経っていない・・・。

Streaks(決まったタスクをこなすことが出来たかチェックするアプリ)」の加入と並び替え、そして「Twittelator」のDock入り。
Twitterに対しての自分の中での比重が大きくなってきたことが分かる。ずっと使ってたなぁ、Twittelator。

と、言うわけで今年の2月までのホーム画面の遷移をご紹介致しました。
本当は1記事にしたかったのですがどうにも長くなりそうなので・・・

次回は2010年4月から現在までのホーム画面を晒していきたいと思います。

ご挨拶

人間誰しも表と裏がある。良い意味でも、悪い意味でも。

いつも騒がしいあの人が実は寂しがりやだったり、「おとなしい人」と評されている彼は、家では家族に怒鳴り散らす内弁慶の煮こごりみたいな人だったり。

さて、私は普段周りから
「やかましいメガネ」
との評を頂いている。実に的確な人物評だ。人と接するときにはどうも過度にふざけてしまうし、常日頃何か面白いこと(文字通り)が落ちていないか探している。下ネタの拾い食いは日常茶飯事だ。

だが、そんな自分も真面目に何かに取り組む事だってある。

2009年10月、念願のiPhone3GSを購入した。
以来、iPhoneに関するTipsを扱ったブログを読み漁り、いかにこの媒体を上手に使うか、せっかく買ったコイツをしゃぶり尽くすにはどのように使用すればいいのかをそれこそ真剣に考えた。

すると、今まで興味こそすらあれ触れてこなかった技術や、仕事術、整理術と言ったものを多く学ぶことが出来た。

ある程度自分なりの考えが固まってくると、今度は人に話してみたくて仕方がない。
『iPhoneってこんなこともできるんだよ』
『僕はこんな風に使っているよ』・・・等。

が、私の周りの人間は
「普段ふざけてる貴様にそういう話は求めていない」
といった反応。
「iPhoneに関して話をしている際のドヤ顔が腹立たしい」
という貴重なご意見まで頂いた。

ではこの『真面目な私』はどこにぶつければいいのか?
そうだ、ブログ書こうーーー。


長々ととりとめもない文章を書いてしまったが、要は、あっちでは書いたところで誰も読んでくれないようなものを書きたいという思いがたまりにたまってできたブログが「OZPAの表4」だ。自分のライフログにもなってくれれば一石二鳥。

「表4」とは印刷用語で「裏表紙」の事。
口を開けば下ネタばかりの私OZPAが送る「裏表紙」ブログ。
気負わず更新していきたいと思う。